ここから本文です

クラバート (1977)

CARODEJUV UCEN

監督
カレル・ゼマン
  • みたいムービー 10
  • みたログ 26

4.25 / 評価:8件

これぞ、『逆に新鮮』の極み?!

  • ironicsheep さん
  • 2009年8月31日 18時22分
  • 閲覧数 441
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

かなり昔の(1977年)、チェコのアニメ作品です。
チェコってドイツ語話すんですか.....?
知りませんでした。

なんとなく興味を持って観てみたら。
この作品の監督、カレル・ゼマンの他の話も
すっごく観てみたくなった。ハマりそうです。

映像は、昔のヨーロッパの絵本が動き出した....みたいな。
紙芝居をみている気分というか。
ハリーポッターでは、写真が動きますよね?
あんな感じで
絵本が動いたのを見てしまった!という印象を受けました。
所々に、実写と絵を組み合わせて作っていて、
とても印象的な瞬間が沢山あります。

とにかくノスタルジックな雰囲気で、
合う人はとっても好きになると思うのですが、
ストーリーが(というかナレーションが)少し平坦なので、
盛り上がりに欠ける映画が苦手な方には退屈な作品だと思います。

この作品はクレイアニメやパペットものの様に、
今の日本で主流のアニメとは全然ちがう雰囲気です。
古いものが逆に新鮮、というのはよく使われる表現ですが、
私が自分でそう思ったのは、この映画が初めてです。
これからの時代にも、映像アートとして楽しめる内容です。
割と短い時間で終わるので、ぜひ!
give it a try!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ