ここから本文です

ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海 (2002)

IMPRESSIONEN UNTER WASSER/IMPRESSIONS OF THE DEEP

監督
レニ・リーフェンシュタール
  • みたいムービー 3
  • みたログ 13

2.50 / 評価:2件

映像は綺麗だが、映画としては弱い

  • abu******** さん
  • 2013年8月7日 8時45分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レニ・リーフェンシュタールさんの
48年ぶりの新作&遺作となったこの作品。
最初にレニさんが出てきてこの美しい海が
危機にさらされています。みんなで守りましょう、
と環境保護を訴えます。
そして映像へと入っていくんですが、、、、、
確かに本当に美しい。何より色がとても鮮やか。
こんなにも美しい自然がなくなったら本当に嫌だなぁ、
とは思うんですが、、、、でもそれ以上のものでは
ないんですよね。映画の力としてはやっぱり弱い。

映像観てて思ったんですが、なぜ地球にはこれほどの
多様性に満ちた生物種が存在するのかということの
理解が必要だなと思いました。
その為には、要素還元主義ではなくて、
もっと包括的にとらえる見方が必要でしょう。
まだまだ道は遠いけれど、そういうことが理解できれば、
人と自然のニ項対立はなくなるんじゃないでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ