ここから本文です

バイオ・アマゾネス2 オオカミ姉妹 (2003)

SISTERHOOD OF SHE WOLF

監督
J・S・パーク
  • みたいムービー 1
  • みたログ 3

1.75 / 評価:4件

『細菌エロス』から『獣人エロス』へ進化?

  • hoshi595 さん
  • 2011年2月14日 3時31分
  • 閲覧数 725
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

あの恐怖から一年・・・

本作品は「バイオアマゾネス」の第2弾である。


物語は、どうでもよい・・・

なぜなら、全編”エロス”の香りたっぷりな作品で
それ以外の”見所”がないからだ。

まるで”ポ○ノ映画”を観ている様な内容で、その
シーンで流れる音楽まで同調させている。

その合間に、”狼女”も登場したりするが、完全に
脇役扱いである。

主演は、「バイオアマゾネス」でもミシェル役を
演じたビヴァリー・リン。NFLフィラデルフィア・
イーグルスのチアリーダーを務めただけあって
健康的で明るい印象が、ともすれば低俗と嫌われ
かねない内容を美化させている。

この映画は、大勢で観れば”コメディ”として
笑えるし、一人で観れば”エロス”を楽しむしかない。

一応、物語は決着を見るので、消化不良とはならない
のが救い。

邦題に付いている副題”オオカミ姉妹”が誰と誰
なのかも、最後まで観ないと明らかにされない。

何れにしても、”エロス”のパワー炸裂で、そちらの
見所が多い驚くべき作品である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ