2月14日公開

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING

2032月14日公開
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
4.0

/ 1,777

45%
28%
15%
4%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(315件)


  • yyb********

    5.0

    ファンタジー映画の金字塔

    邪悪な指輪を捨てるためにホビットのフロドやサム、人間の戦士アラゴルン等が冒険する姿を描くファンタジー映画。壮大なファンタジーの締めくくりにふさわしい迫力のある作り込みで、全編に渡ってどうやって製作したのか唸る程の展開が続いてゆく。巨大なオリファントに突進してゆくシーンが凄い。WETAデジタル社の最高傑作。

  • ぽむぽむ

    3.0

    原作ありと知りたかった

    映画を観る前に、指輪物語という作品がトールキン原作だと知りたかったです。何も知らずに一作目を観て、主役の俳優さんのビジュアルが苦手だなと脳に刻み込まれてしまい…完結を楽しみにはしていたものの、この作品が発表された頃には少し熱が冷めていました。もう少し文学的な目線でこの作品を捉えていたら、違う意味で楽しめたと思います。

  • あいうえお

    5.0

    ネタバレ何度でも観たい映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tok********

    5.0

    エンドロールだけで25分

    WOWOWのエクステンデッド版で見た。通常版203分が264分。通常版では放送してない内容が沢山あり、通常版では分からなかった部分がこれでより分かり易くなっていた。エクステンデッド版を見るのがベター。飛ばして見てないけど。エンドロールだけで25分くらいあった。長過ぎるよ。

  • ech********

    4.0

    三国志演義?西遊記?どっちで観るか

    お金をかけた大スペクタクル冒険活劇としては同種のハムナとかカリブ海賊とかを遥かに凌駕していることは確かです。見どころはCGを駆使したロレンスに匹敵するダイナミックな景観映像とそこで展開される戦闘シーンです。ただし、人物描写とか人間心理への洞察といったドラマ的な要素はありませんから、俳優の演技も添え物でどうでもよろしい。ひたすらCG、CG、CGに感心する映画です。 S/Warsとか駿君とか好きな人はこういう世界観好きなんでしょうね。私はそういうの興味ないけど、それでもこの映画の圧倒的に雄大な映像には脱帽です。 三部作で(3)がオスカーとってますが、全体が長いので三分割しただけですから、どれも似たような仕上がりで、たまたま他の候補作との兼ね合いでしょうね。特に(3)が優れているわけではないです。まあ(1)から始めて、受け付けない人は無理して観ても段々面白くはなりません。 但し、登場人物や場面設定がやたら多いうえに複数の場面が同時進行するので、よほどIQの高い人でない限り話の展開についていけません。とにかく出てくるカタカナ単語がやたら多いうえに、それが人名なのか、種族名なのか。国名なのか、都市名なのか、敵か味方か、日本人には見当がつきません。そもそも子供の時から「指輪物語」になじんでいる英米人が「よく映像になったね」とか「あの役、こんな顔してんだ」とか「あれ、あの話入ってないな」とか突っ込みながら観ることが前提になっているんですから。 そこでこれから観る人のために二つの観方を提案します。 (1)三国志演義として観る ある程度ちゃんとお話を理解するのに予備知識なしの丸腰では玉砕必至です。三国志みたような膨大な固有名詞についていくためにはアンチョコに横目使いながら観るといいでしょう。Wikiのあらすじと登場人物は結構役立ちました。 (2)西遊記として観る とは言っても、話の大筋は西遊記みたようなゴールを目指して艱難辛苦が続く障害物競争、ってだけですから登場人物にはこだわならい、って誓いを立ててCGとスケール感あふれる映像を堪能する。 木で鼻を括ったような言い方しましたけど、冒険活劇とかファンタジーとか冷笑してた私にしては、かなり面白かったです。一人でDVDで観たのに終わったら拍手しちゃいました。もう一度見てもいいくらい。パチパチパチ

  • tfj********

    5.0

    ネタバレ大団円!大作を見たあとの余韻に浸ろう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mov

    5.0

    戴冠式

    123しっかりハマってからの戴冠式は感動的。 バラバラじゃなくまとめて見た方が絶対いい。

  • 風よ吹け

    4.0

    ネタバレ前2作と均一な評価

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スナフキンM

    5.0

    エクステンド版。映像化不可能作描き切った

    なんとこれだけで4時間半あり、3部作では11時間23分。普通の映画1本分のエクステンドがある。 じっくりと小エピソードまで描かれた反面、劇場公開版ほどのスピード感、テンポは落ちてしまったが、やはり凄い。ここまで撮影してあったかに圧倒された。 やはり映像としての見せ場は軍団同士の対決シーンであろう。 指輪を火山に投げ込むミッションのフロドとサムの旅はこれらの戦闘にはいっさい加わっておらず、指輪の魔力に精神をおかされ、それでも使命まっとうのために戦う苦悶のフロドはスメアゴルのだまし討ちとの戦いばかりで、「ここだけみると見るほうも苦痛でしかない。アラゴランやレゴラス、ギムリの戦闘チームとの分業作戦により、観るほうは、そのメリハリで圧倒的なまでの使命の重さと戦闘の熾烈さを感じることができる。 結局指輪のパワーが炸裂するのは1作目の過去の話で、今回は人の心を蝕むだけで終わったが、使い方間違えて、ちょっと炸裂してどんなに恐ろしいのかも見たかった部分はある。 王として戴冠したアラゴランが責任感と使命感であきらめなかったホビット達を敬い、膝をついて畏敬の念を表すラストシーンにはグッとくるものがある。サムはただの庭師だったのに、よくフロドを支えたがフロドにしかあの指輪の誘惑に勝てる人間はやはりいなかったのだ。

  • izq********

    2.0

    ネタバレ主役フロド最低。MVPはサム。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • km6********

    5.0

    気合を入れて

    2日間に渡り、約12時間、3部作を一気に見ました 今回見たのは、ノーカット版というのでしょうか、 3本とも映画館で見たものよりかなり長く、より細かく詳しいものでした さすがに長い!!疲れた~!というのがホントのところ・・・ ドラクエやFFの原案と言えるストーリーなので、見る前から面白いだろうなと想像出来るんですが、 王様、魔法使い、妖精、ドワーフ、小人など、聞いただけでもワクワクする要素に加え、 ビジュアルが怖すぎるオークとか、出てくるキャラクターが、全てリアルに作られていて、作り込みの素晴らしさに脱帽 人間だけじゃない、いろんな生き物や精霊、幽霊に至るまで、ありとあらゆる全てが渾然一体となり作る世界 これが実写というスクリーンの中で、それぞれを見事に確立させている この世界観だけでも素晴らしいの一言なのですが、 その世界観の中で、全ての物を巻き込む指輪にまつわるストーリーが本当に面白い! ほんの少しのきっかけで、正義にも悪にもなりうるという不変とも言えるようなテーマに、ずっとドキドキさせられる その大きなテーマの中に、友情や愛など、これまた不変のテーマもしっかり盛り込まれ、それも実に丁寧に作られている 一緒に戦う者同士、それぞれの立場を超えて築き上げた信頼関係は揺るぎなく、 より深まった友情、愛情、尊敬の気持ちにこちらも胸が熱くなる たっぷりの余韻をもって終わるラスト 約12時間、私も一緒に戦ったような疲労感 本当に面白かった それにしても3部作を通じて感動するのはロケーションの素晴らしさだ どこまでも続く山脈 美しい森に、緑の草原 そこに悠然とたたずむお城 どこまでが撮影で、どこからがCGなのか、全く区別もつかないが この雄大な景色の中、駆け抜ける馬の映像だけでも一見の価値あり 本当に面白かった けど、たぶんもう二度と見ないと思う・・・ 相当疲れた・・・

  • jun********

    5.0

    ネタバレ喪失感と愛情

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • raz********

    4.0

    ネタバレ誘惑や欲望には、一人では勝てない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • エル・オレンス

    3.0

    ネタバレ主人公が成長せぬままEND。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pab********

    3.0

    ネタバレ壮大だが、、

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yaf********

    1.0

    男色と暴力のエデンの園

    何の深みも意義もない暴力映画。 そこには痛みも涙も道徳もなくただ繰り返される快楽のみの中毒患者の姿。 それにしても西洋人というのは、黄色人種が生活に最低限必要とする動物捕殺には目くじらをたてるが こと自分たちが全く意味もなく動物を大量虐殺することには何の感情も抱かないのだろうか? この映画には随所に怪物を殺しまくって、それに何の躊躇いも見せない精神的不感症ともいうべき 異常事態が繰り広げられているが、アホらしい事に、自分たちは排泄もしないアイドルの如き聖人! 自分たち以外の醜い人間や異教徒、それらが操る怪物(コレ動物のことですからね) みーんな虐殺しても構わないもん! という西洋的排他主義の極みに満ち満ちており、呆れを通り越して失笑すら出てくる。 それらの点を理解せずしてコレに興奮している日本人というのは 自分がマゾヒストであることすら気づいていない不感症なのであろう。

  • bat********

    5.0

    ネタバレ壮大な冒険を繰り広げ最後の決戦に挑む

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 名無しの権兵衛

    5.0

    名作

    名作シリーズ

  • おにぃちゃん

    4.0

    子供の頃チラ見だったからもう一度見たいが

    シリーズの二作目の今作途中で断念した。今の目でもう一度見るのは流石に無理。他には見たい作品がまだたくさんあるから

  • cha********

    1.0

    ネタバレ9時間を返せー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/16 ページ中