レビュー一覧に戻る
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
2月14日公開

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING

2032月14日公開

bat********

5.0

ネタバレ壮大な冒険を繰り広げ最後の決戦に挑む

サブタイトルが全てを物語っていると言っても過言ではない。 シャイアにいたときとは打って変わったフロドとサムの険悪ムード、それをかき立て何やら企むゴラム、この3人の動向にはハラハラしっぱなし。ゴラムの正体を見破っているサムに対し、ヒドイ態度と言葉を浴びせる自分で精一杯のフロド、愛しいしとに執着するゴラムが恐ろしすぎて腹立たしい。 アラゴルン達はメリーとピピンと再会し喜びも束の間、サウロンの軍勢がゴンドールへ進軍することを知ったガンダルフとピピンはゴンドールのミナティリスへ馬を走らす。こちらもいろいろ問題を抱えているが、特に執政のデネソールは病みすぎて怖い。ファラミアが可哀想で仕方がない。一家心中しようとするデネソールを一撃するガンダルフがたくましく、ファラミアが無事でなにより。 一方、アラゴルン達のいるセデオン王率いる軍陣は、サウロン軍には勝てないことが明白でありながらも戦いに向けて備えていた。そんな不安の中、エルフ王のエルロンドが王の剣、アンドゥリルを携えアラゴルンに進言する。成仏できずにいる死者の王とその軍を率いる為、アラゴルンはアンドゥリルを手に死者の道へ向かう。この時のレゴラスとギムリがまさに仲間意識を感じさせる。 後々、この死者の軍勢がものすごい勢力でサウロン軍を潰していく場面はとても印象的で、また約束果たすアラゴルンが男らしい。 ゴンドールを進撃するサウロン軍と戦うべく進軍するローハン軍はペレンノール野でサウロンを支持する闇の勢力と衝突する。ここでの敵がまた厄介でオリファントやナズグルやら色々登場するが、エオウィンが魔王を倒すシーンはとてもクール。これに役立ったメリーには拍手。ペレンノールとミナスティリスで劣勢だったゴンドールとローハンの連合軍は、アラゴルン率いる死者の軍勢により形勢逆転、勝利へ。ここは興奮する戦闘シーン間違いなし! ゴラムに騙されたフロドが苦境に立たされるシーンはもうダメかと諦めかけるが、サムの勇敢な姿勢が素晴らしく見事、フロドとサムは再び2人で滅びの山まで向かうことに。 指輪を葬るため小さめのフロドとサムが必死に山を登る姿、フロドのためにモンドールの黒門前で自らの死をも厭わないアラゴルン率いる仲間達の姿、どれもこの物語の醍醐味といえる仲間意識がすごく伝わってくる後半シーンで胸にジーンとくる。 サブタイトルとおり、王の帰還とともに幸せな雰囲気に包まれたときホッと一安心。 ラスト、まさかの乗船には驚き、寂しく感じるが、これで良かったんだ、お疲れ様と声をかけたくなるエンディングだった。 長編映画であるが、長さを感じさせずあっという間。この複雑なストーリーを3作でまとめ上げたのもすごいし、撮影舞台となったニュージーランドの大自然は圧巻で感動的、キャスト陣も素晴らしい演技で全ての要素がうまく融合した作品だと思う。

閲覧数1,805