ここから本文です

昭和歌謡大全集 (2002)

監督
篠原哲雄
  • みたいムービー 57
  • みたログ 510

3.17 / 評価:114件

昭和という時代

  • hrs******** さん
  • 2019年3月17日 0時41分
  • 閲覧数 635
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

残虐をテーマにリアルにふざけてる映画。
滞りなくふざけるためにモラルとか葛藤などの心理的な重苦しい部分は排除され、軽快に物語は進む。
彼らの中の狂気と凶器が徐々に強大になってゆき・・・・

おそらく、この映画は昭和の歌謡曲に乗せた「おふざけ映画」と見せかけて、昭和期の戦時中の軍部の狂気を描いたのだろう。
昭和の大戦は”無差別攻撃の禁止を定める戦時国際法違反の原爆投下”で幕が閉じられた。
最後の一撃を企てるイシハラの思考の異常さがそのまま、当時の米国軍の狂気を表現している。

そして、戦前のような不穏な動きが再び顕著になってきた昨今、その狂気に家族への心配を感じざるを得ない。
新年号で再び…?なんてことの無いように願う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • 恐怖
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ