ここから本文です

デス・フロント (2002)

DEATHWATCH

監督
マイケル・J・バセット
  • みたいムービー 3
  • みたログ 75

3.00 / 評価:20件

戦場を舞台にした珍しいホラー。

  • tengu3711 さん
  • 2009年9月10日 21時14分
  • 閲覧数 1183
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督のマイケル・J・バセットは、イギリス・ホラー界で期待されてる監督のひとり。

この「デス・フロント」を、もっとグロにさせた「処刑島」もナカナカでした。

ども、1度でいいからジージャに、蹴られてみたい「ブタ野郎」です。

押上の100円ビデオで、「恐怖劇場牛頭」「100万回のウインク」「K-911」

「デッドリーフレンド」「サブウェイパニック」(リメイク版)を購入。

今、ウキウキと、家に帰る途中です。

で、かなり前に観た「デス・フロント」

「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル主演です。

「戦場」を舞台にしたホラーって、珍しいよね。

「ゴースト・血のシャワー」は、確かナチスの船だった。

俺が、チビるほど怖かったのは、ホラー映画じゃないけど、

「ほんとうにあった呪いのビデオ」の中の「疾走」ってヤツ。

何か、若い男女が立川あたりの廃墟になった軍事病院に肝試しに行って、

とんでもない「兵隊幽霊」に出くわすエピソード。

その晩、夢に出ましたからね・・・


あの兵隊幽霊に較べれば、大丈夫ですが、

コレはコレで、結構頑張ってたよね。

有刺鉄線が、巻きつくところなんか、良かったけどなぁ。

まぁ、ブリティッシュホラーというのは、基本的に正体をハッキリさせない。

イギリス人は、思わせぶりと「微妙」が好きなのだ。

ヒッチ先生も最後まで、なぜ「鳥」が人を襲うのか?答えださなかったよね。

そのあたりが、お遊び大好きイギリス人って感じだ。


この作品の戦場の雰囲気が、気に入った人は、「処刑島」も是非見ましょう

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ