復活

RESURREZIONE/RESURRECTION

187
復活
3.8

/ 5

20%
60%
0%
20%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(3件)

スペクタクル12.5%切ない12.5%知的12.5%悲しい6.3%セクシー6.3%

  • aki********

    4.0

    実はイタリア映画

    罪の贖いは誰の判断で完了するのか? 相手?自分自身の良心?あるいは神? 深いテーマです。 確かに長いけど、イタリア語のテンポとか美術の美しさ、衣装のおしゃれさで、全体に深刻になりすぎず、最後まで見られました。特に男性達のスーツ姿が垢抜けていてカッコいいです。長いお話のわりに、登場人物が多すぎないのも散漫にならなくていいです。 まあ、こんな重い話を重厚なロシア語で延々とやられたら、堪らないでしょうね。 女が求めていた「愛」と男が与えようとする「償い」が、ずっとすれ違ったままドラマが進むところが、文芸的で見ごたえありました。ドストエフスキーの近代性に対して、トルストイの作品は宗教色が強くてやや古めかしい、とこれまで思っていましたが、映画は100年前の時代設定にもかかわらず、人間描写はむしろきわめて現代的だと思います。全然古色蒼然とはしていません。 トイレが近い人以外には、オススメです。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ魂の浄化

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dep********

    2.0

    おら、子供のころ

    親に映画の素晴らしさを語ったよ。 そしたらよく本を読む親にこう言われたよ。 "映画なんか見てないで、本を読みなさい。  本は見る人の想像力をかきたてるもの。映画にはそれがないでしょ?" おらは、本より映画の方が素晴らしい部分はどこか、必死に探して反論しようとしたけど できなかったお。 でも、いまならいくらでも反論できるお。 このタヴィアーニ兄弟の映画は正に親に映画をディスられた時、反論できなくなっちゃう映画だお。 トルストイの小説を映画化したのがこれなんだけど、原作の良さ以外何もないんだお。 これじゃ、ただの劇だお。(エデンの東とかもそうだお) そのまんま映像化するなら、小説読む方がいいに決まってるお。 演出がないんだお。カメラの存在がないんだお。この映画は・・・ だからダメなんだお!! これじゃ一生映画は小説に勝てないお。(ヒッチコックやウェルズ、フォードが必要だお)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
復活

原題
RESURREZIONE/RESURRECTION

上映時間

製作国
イタリア/フランス/ドイツ

製作年度

公開日
-

ジャンル