ここから本文です

歌え!ロレッタ 愛のために (1980)

COAL MINER'S DAUGHTER

監督
マイケル・アプテッド
  • みたいムービー 15
  • みたログ 183

3.76 / 評価:55件

10~50代を見事に演じ分けたS・スペイセク

  • エル・オレンス さん
  • 2021年2月27日 17時43分
  • 閲覧数 153
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

シシー・スペイセク、アカデミー主演女優賞も大納得の名演技です。

『キャリー』(1976)では、26歳で女子高生役、そして本作では、30歳でなんと13歳の妻役!でも全く違和感なかったし、10代〜50代まで、幅広い年齢を上手く演じ分けています。

劇中で披露する生歌声も、プロの歌手クラスの素晴らしさで、役者魂がひしひし伝わってきます。

トミー・リー・ジョーンズも、超若くてビックリ!荒々しくも繊細で、妻を誰よりも愛し支える夫を好演しています。

広大なアメリカ各地の放送局巡りをしている夫婦の姿も微笑ましく、ロードムービーとしても高く評価したいです。

あと、父親役のリヴォン・ヘルムが本当に良いです。列車を待つ娘を抱きしめて離さない別離のシーンは、本作最高の名シーンでしょう。



===================================

★1980年アカデミー賞 主演女優賞(シシ―・スペイセク)受賞 (※作品賞ノミネート)

★1980年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 2部門受賞
作品賞、主演女優賞(シシ―・スペイセク)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ