欲望の翼

阿飛正傅/DAYS OF BEING WILD

97
欲望の翼
4.0

/ 181

39%
34%
18%
5%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(48件)

切ない23.5%ロマンチック15.2%セクシー13.6%かっこいい12.1%悲しい9.8%

  • sak********

    3.0

    雰囲気はいい

    とにかく説明のない映画。 登場人物が少なく、舞台も限られた場所しか出てこないので置いてきぼりにはならないが… 終始ほの暗い雰囲気なのだが、それよりも主人公のヨディ(レスリー・チャン)がとてもかっこよくて、この映画の雰囲気を一際良いものにしている。 が。 ヨディはクズ。 サッカー場で働くスー(マギー・チャン)を口説いてものにするが、結婚匂わされたら即さよなら。 すぐに違う女(ミミ)を口説く。 働きもせず、ただいつもアンニュイな雰囲気を漂わせているヨディ。 これはもう…レスリー・チャン以外にはできないのではないか?というほどよく似合う… スーもミミもヨディに夢中になるのだが、ハッキリ言って彼には夢中になるような要素は顔以外ないと思う笑 まぁその顔ってのが特別いいわけだから罪だよねー もう1人重要人物をアンディ・ラウが演じているのだが、彼はただ巻き込み事故にあったようなもので気の毒… でもそれよりも何よりも最後なぜか突然現れるトニー・レオンが謎過ぎる。 調べたら続編の主人公になる予定だったのねトニー・レオン。 結果的に続編は作られなかったわけだけど、トニーは一体どんな役になったのかな? そこに興味津々!

  • m-kity

    4.0

    美しい映画

    レスリーチャンが美しいっ! 身体にまとう雰囲気と少年のような容姿 退廃的な感じが美しい映像と溶け合っていて涙が出そうになる ストーリーをそれほど追いかけるのではなく美しい映像を見続ける感じ 説明もほとんど無い それでも、なんとなくわかるものもあるしわからないものもある 人が立ち去ったあとまで残って写し続けるカメラワークとかゆっくり心に落ちてくる感じ 雰囲気の良い映画でした 好みが分かれる映画なんでしょうねぇ

  • kkk********

    3.0

    青春は好きなように生きよう

    若いころに観たら感動したかも。おじさんには、良く理解できず。 青春、人生は一度きりだし、好きなように生きよう。飛ぼう。

  • 一人旅

    4.0

    最期に見たい景色は…

    ウォン・カーウァイ監督作。 香港出身の映画人:ウォン・カーウァイの監督第2作目で、1960年の香港+αを舞台に、相互に関わり合っていく若者達の心の揺れを描いた青春群像ドラマです。元々は二部作を前提にして、前編に当たる本作が制作されましたが、諸般の事情により後編が作られることはありませんでした。 産みの親を知らないまま養母に育てられた青年:ヨディを一応の主人公にして、サッカースタジアムで働く女性:スーや、クラブのダンサーであるミミ、主人公の友達でミミに惹かれていくサブ、主人公に捨てられたスーに秘かに想いを寄せる警官:タイド…と主人公と彼を取り巻く若者達の出逢い、友情、衝突、恋愛そして別れを群像的に描き出した青春ドラマとなっています。 青春群像ドラマといっても、彼ら若者達が一度に全員揃うことはなく、二人の人間が過ごす束の間の時間を一つの単位として、それらがバトンリレーのように時間や場所を変えながら繋がっていきます。青春を謳歌する明朗なドラマとは違って、心の空虚さや孤独、不信、失望、諦めといったネガティブな感情が、相手に対する恋情や信頼、期待を上回っていく作劇となっていて、“相手が傷つこうとお構いなしの人間”と“自分が傷つくのを恐れて一歩を踏み出せない人間”の姿に、他人と密に関わり合えない&分かり合えない現代の若者達のリアルな生態を見て取ることができます。 主演のレスリー・チャンを中心に、マギー・チャン、カリーナ・ラウ、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュンが五者五様の現代若者像を体現していますし、ラストシーンでは後編で主演予定だったトニー・レオンが顔を見せています(咥え煙草で身支度する姿が恰好いいですが、瞬きが多いので煙が目に染みていたのだと思う…)。

  • new********

    4.0

    スタイリッシュの極み

    1990年作品。 “スタイリッシュ”とはどういうものかを体感させてくれた、当時としては衝撃的な作品。 衝撃的と言えば、キャスト。豪華すぎます。もう二度とお目にかかることはできない共演陣。 ウォン・カーワァイ監督、二作目にして最高傑作と言われる本作。 映像美、音楽、作品から醸し出される独特のムードを感じてほしいと思います。 「1960年4月16日 3時1分前 君といた この1分を忘れない 君とは‘1分の友達’だ もうこの事実は 取り消せない」 哲学的な脚本に、永遠をみる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
欲望の翼

原題
阿飛正傅/DAYS OF BEING WILD

上映時間

製作国
香港

製作年度

公開日
-

ジャンル