ここから本文です

愛の選択 (1991)

DYING YOUNG/THE CHOICE OF LOVE

監督
ジョエル・シューマカー
  • みたいムービー 23
  • みたログ 603

3.37 / 評価:101件

人生最後のワガママとは…

  • kakikukekko1020 さん
  • 2009年8月14日 14時59分
  • 閲覧数 663
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジュリア・ロバーツが若かった(笑) 
内容も、ところどころ余分なシーンがあった気もしますが、最後までフツーに見られたし。
どっちかっていうと、しっとりとしたカンジのラブストーリでした。

治療が終わったから旅行に行こうとヒロインを連れ出しておきながら、実は辛い化学療法から途中で逃げ出しただけで、そのあげくに言った言葉が



「君とここで最後まで過ごしたいんだ……!」



ってヲイ!!(笑)

そりゃ、ヒロインもキレますって。

ぶっちゃけ、ふざけんなって話ですよ。
だってズルい。
それはどう考えてもズルすぎるっしょ。

本人はそれで満足だろうけど、じゃあ残された方はどうすればいいの?

そりゃあいろんな葛藤はあるだろうけど、望めばどんな治療も出来るだけの財力があって、環境があって、実際に貧しくて満足な治療も出来ない人達がいることを考えたら、「甘ったれてんな」とかつい思っちゃうんですよねえ。
頭では本人にしか分からない苦しみもあるってわかるんですけど、どうも感情が納得できない(^^;) 

まあそれを除けば、起承転結がそこそこしっかりしていて、鑑賞に充分堪えうる作品でした。
いまはそれすらムリな映画が多いことを考えたら、やっぱり昔の映画のほうが質が良かったのかもしれないですね。

ラストあたりの「死ぬのが怖いんじゃなくて、希望を持つのが怖い」っていうのは、ちょっと理解らないでもない気がしました。

吹き替え版で見たんですが、声が戸田恵子さんで(男の人は山ちゃんだったのかな??)、安心して見られました。
やっぱり声優が一番だね!(笑)

 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ