ここから本文です

汚れた顔の天使 (1938)

ANGELS WITH DIRTY FACES

監督
マイケル・カーティス
  • みたいムービー 8
  • みたログ 60

3.78 / 評価:23件

神父が映画を台無しに

  • lqm***** さん
  • 2019年6月18日 22時58分
  • 閲覧数 18
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロッキーサリバンの生き方を全否定する、神父の方が実は薄っぺらい人生感なんじゃないかと思いました。ロッキーは悪人でありながら人間性も育んで結果的に知恵も義理も人情も手中にしますが、神父に関してはルールで人を束縛している為、窮屈な環境が拭いきれません。この映画では真面目に生きろがテーマだったのかもしれませんが、所々にこの神父の中2くさい説教が垣間見れるのは、やはりうっとうしさが伺えました。
この映画へのオマージュであり、カウンターでもあるゼアウィルビーブラッドは傑作でしたが本作は微妙でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ