夜の終りに

NIEWINNI CZARODZIEJE/LES INNOCENTS CHARMEURS/INNOCENT SORCERERS

87
夜の終りに
4.2

/ 10

50%
20%
30%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

セクシー16.7%かわいい12.5%ロマンチック12.5%知的12.5%ゴージャス8.3%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレジャズに彩られて…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rot********

    3.0

    一夜の恋、わからない女性像

    今なお新作を発表し続ける、ポーランドの巨匠アンジェイワイダの61年の作品。「世代」「地下水道」「灰とダイヤモンド」といったレジスタンス映画を一貫して手がけて来た彼だが、今回はこれまでとは打って変わった一夜の青年の恋を描いた日常的なドラマである。 医者をしながらバンド活動をする主人公が1人の美女と出会い、孤独な若者同士の隙間を埋めながら恋におちていく1日を描く。題材的にもシチュエーション的にもかなり好みのタイプだったのでかなりの期待をした。だが、さすがはワイダ。会話の中にもしっかりと政治的にメーセージを匂わせ、いわゆる「堅い」作品に仕上がった。そのためか会話も芝居もとても堅い。ごく自然でリアルな会話が好きな自分としては、物足りない印象を受けた。無駄のないカット割りやこの時代特有のヨーロッパ映画独特の陰影に満ちた映像も好きなのでだが、中味がしっかりと料理されていない料理を僕は高く評価したくない。興味深い点としては本作が男性目線で描かれているということ。ベラギアが終電に乗らずバジリの家に上がり込む理由や、何となく散歩に出掛けたりと、かなり女性を不思議な存在として描いている。何を考えているのかわからない女性像。1男性として共感できるのだが、違う視点でみてみると女性の心理描写が欠けているのではないだろうか。

  • ckr********

    5.0

    ワイダが描く恋愛ゲーム

    反戦、レジスタンスのイメージが強いアンジェワイダの異色の青春映画。ジャンル分けすると恋愛もののなかに入るのかも知れないが、アンジェワイダが撮ると一味もふた味も違った恋愛映画になる。(脚本の功績と時代状況によるものも大きい) 主人公はアパートに一人住まいの若いスポーツ医。友人も多く、夜はアマチュアバンドのドラマーで女にももてるのだが、心の中に空虚で満たされないものを抱いているようだ。ある夜ナイトクラブで若くて可愛い女と知り合う。女ははじめ、まるで相手にしないのだが、ある出来事がきっかけで少しだけ男に興味をいだき始める。このあたりの男女間の心理変化の描写が実に自然で巧みだ。男のアパートへやってきた二人が、部屋の中で交わす言葉遊びやゲームが思わせぶりな暗喩に満ちて面白い。日本映画には数少ないシャレたセンスの言葉のやりとり。女主人公を演ずる、クリスティナ・スティブウコフスカのキュートな魅力は絶品。「灰とダイヤモンド」のズビグニエフ・チブルスキーや若き日のロマンポランスキーが達者な演技を見せる。ラストのひねりにも味がある。一味違った恋愛映画を観たい方におすすめの作品です。

  • sei********

    4.0

    ほっと一息のラブコメ

     レビューが無いので書いておこう。アンジェイ=ワイダ監督が放つラブコメディ。ワルシャワ蜂起などを題材にした作品で有名な監督が、爽やかな青春モノを創った。観る人によっては他愛無い映画だと一蹴するかもしれない。ただ、これ以前のが重たい映画だっただけに、ワイダ監督はこんな作品も手掛けるのかと新鮮な感動があった。  お洒落な青年医師とナイトクラブのコンサートにやってきた若い女との恋の駆け引き。ストーリー展開は池田理代子氏や萩尾素都氏ら70年代・80年代に活躍した少女漫画家が一度は似たようなストーリーを描いたのではないかと思うようなコメディである。あまり気合いを入れずに楽な気持で観れラストも爽やかに迎える。  ただ、社会主義国が辿った歴史的背景を考えると、実は重たいモノがある。この時期、ソ連では強権と粛正のスターリン政権から穏健的なフルシチョフ政権へと移り変わり、東欧諸国はまるで雪解けのような解放感があったそうである。ソ連でも「誓いの休暇」のように美しいプラトニックなラブストーリーの映画が国際的に評判となっていた。そんな時期での「夜の終りに」である。  この映画のポスターを見た事がある。トランプのようなデザインで、青年医師と少女が上下足を向けあったような構図だった。少女は黒い下着姿だったように記憶している。あの頃のポーランドは一時的に自由な雰囲気だったんだなと思わすポスターだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
夜の終りに

原題
NIEWINNI CZARODZIEJE/LES INNOCENTS CHARMEURS/INNOCENT SORCERERS

上映時間

製作国
ポーランド

製作年度

公開日
-

ジャンル