夜の人々

THEY LIVE BY NIGHT

96
夜の人々
3.8

/ 16

31%
44%
6%
6%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

切ない25.0%悲しい12.5%かっこいい12.5%絶望的12.5%かわいい12.5%

  • 一人旅

    5.0

    ニコラス・レイの大傑作!

    ニコラス・レイ監督作。 刑務所から脱獄した青年・ボウイとキーチーの逃避行を描いたドラマ。 ニコラス・レイの初監督作品。 『夜の人々』.....秀逸なタイトルだ。 ボウイはそれまでの自身の生き方を改め、愛するキーチーと全うな人生を歩もうとする。だが、ボウイともに脱獄した仲間たちはそれを許さず、ボウイを悪の道に再び引きずり込もうとするのだ。さらに、世間の目も徐々にボウイを追い詰めていく。昼間の明るい時間帯は堂々と外を歩けない悲しみ。モーテルに身を寄せている間でさえも、ドアがノックされるたびにビクビクして警戒しなければならない日常。そうした中、夜な夜なバーへ繰り出してささやかな幸せを噛みしめるボウイとキーチー。24時間営業の簡易結婚式場といういかにもアメリカ的なスタイルで結婚式を挙げる二人。時刻は深夜12時10分前。式を映像に残すと30ドルかかるから、20ドルで簡単な式だけ挙げるのだ。普通の人々であれば、結婚式は友人を呼んで盛大に執り行われるものなのに、ボウイとキーチーは真夜中の式場で人目を忍んで静かに結婚の瞬間を迎えるという切なさ。それでも、愛を一つのかたちにできた二人の眼差しは幸福そのもの。しかし、これからも永遠に人々の目から隠れて生きていかなければならない悲しみと絶望も、幸福に見える二人の背後に確かに存在するのだ。 また、二人の会話も印象的だ。“君のために腕時計を買ってきたよ”とボウイ。“貰ってもいいの?いいなら貰うわ”とキーチー。男性から贈り物を貰ったことなどないのだろう。その表情は気恥ずかしさと隠し切れない嬉しさに満ちていて、キーチーが最も可愛らしく映るシーンのひとつだ。 二人は夜の人々。そうなった責任は罪を犯したボウイの過去と、彼と人生をともにすることを自ら誓ったキーチーにある。だが、愛が先の見えない二人の未来を優しく照らす灯りとなる。愛だけが二人の生きる糧なのだ。 絶望的状況下で花開く愛の尊さと強さ、そして儚さを、夜の人々と化したボウイとキーチーの逃避を通じて映し出している。

  • okk********

    5.0

    映画の絶対美

    問答無用に美しい作品。 ストーリーはみんなご存知のあのストーリー。 しかしこの疾走感、刹那感、禁欲的でイマジネーションに富む映像、 「もう二度と見たくない」と思うほど心に残る映画。

  • ********

    5.0

    生きる術のない青年

    1948年。ニコラス・レイ監督。17歳で刑務所にはいって数年後、囚人仲間に誘われて脱獄した青年(ファーリー・グレンジャー)は銀行強盗に加担するが、仲間の親戚の娘(キャシー・オドネル)に出会って真面目に生きようとする。しかし気のいい青年は銀行強盗から抜け出せず首謀者とみなされるようになって、、、という話。刑務所にいた分だけ純粋な青年が年上の娘とともに人生をやり直そうとするができない悲劇。「銀行強盗と愛と逃亡」という定型をテンポよく美しいモノクロで描いています。かっこいい。 世間を知らない若者たちが手探りで生きていくのがほほえましい。娘に何度も「今何時」と聞くことで、青年の不安と甘えと信頼を表すあたりが渋い。二人がお互いを意識し始めるところとか、「結婚20ドル」のネオンサインで結婚してしまうあたりとか、いろんなドライブシーンとかもすばらしい。

  • どーもキューブ

    4.0

    新しい波の源流

    1949年初監督作品、ニコラスレイ。脱獄犯で刑七年の若者ボーイ。滞在先の恋も素知らぬ冷淡な女性キーチ。二人は脱走犯の仲間の恩をよそに恋に落ちます。それは2人の密やかな闇の愛の始まりだったのです。欧州の映画運動、ヌーヴェルヴァーグ。その監督達ジャンリュックゴダールやフランソワトリュフォーがこぞってニコラスレイに羨望の評価を与えていました。ヴィムヴェンダースは彼の晩年を「ニックスムービー」にドキュメントし閉じ込めた。ニコラスレイは「ある種類の若さ」を植え付けた素晴らしいフィルム作家である事がわかりました。ノー音楽、夜の描写、冷淡な人間のキャラ、引きの空撮と疾走する車、予測できる冷たい風のようなラスト。本作はアルトマン監督リメイクやニューシネマの始祖たる「俺達に明日はない」、そして新しい波に踊る作家群の源流となった。その旋律は地味なクリミナルに満ちた二人の一時の火遊びにみえるかもしれない。キーチの幸せな恍惚の笑顔は必見。淡々と2人の感情と周りを取り巻く冷たい人間に翻弄されながらラストまで恋は駆け抜ける。劇中の歌謡シーンも実に素晴らしい。その歌手が歌う文句「恋のお荷物」とやらは二人にはまるで重すぎる「夜の闇」をしょっているかのようだ。ボーイ&キーチ、名キャラクターの誕生したフィルムでした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
夜の人々

原題
THEY LIVE BY NIGHT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル