ここから本文です

ラ・スクムーン (1972)

LA SCOUMOUNE

監督
ジョゼ・ジョヴァンニ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 45

3.91 / 評価:11件

男の映画ならやっぱりフィルム・ノワール!

フィルム・ノワールって、「犯罪映画」とも訳されるけど、やっぱり「暗黒映画」の方がいい。二十年くらい前に、「香港ノワール」なんて流行ったけど、ちょっと湿り気があって、本家フランスの暗黒映画の方がシブい。
これは、そんなフィルム・ノワールの中の、代表的な傑作。ジョゼ・ジョバンニ監督の、ジャン=ポール・ベルモントの、最高傑作と言えるのではないだろうか。
 ”死神”と綽名される、ギャングの話である。おなじみのギャング同士の闘争の話なのだが、静かで、無駄のない場面展開で、緊張の糸が切れる隙がない。ジョバンニ監督の、一つの到達点と言える。その中で、ほとんど笑わないベルモントが、圧倒的にシブい。
 また音楽も印象的。作曲家の名前を失念してしまったが、ストリートオルガンによる旋律は、いつまでも耳に残る。
 今年、DVDが復刻したが、瞬く間に品切れになってしまった。買いのがしてしまったので、また出してくれないかしら。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ