ここから本文です

ラスト・シューティスト (1976)

THE SHOOTIST

監督
ドン・シーゲル
  • みたいムービー 27
  • みたログ 115

4.08 / 評価:49件

さよなら、ジョン・ウェイン

  • 一人旅 さん
  • 2015年3月1日 22時18分
  • 閲覧数 921
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドン・シーゲル監督作。

末期ガンに冒された伝説のガンマンの最期の戦いを描いた西部劇。
“西部劇=ジョン・ウェイン”であり“ジョン・ウェイン=不死身の男”というイメージが頭にこびり付いていたが、本作のジョン・ウェイン扮するJ・B・ブックスは迫りくる死を受け入れた老ガンマンだ。ガンにより巨体に激痛が走り麻薬で一時的に痛みを和らげるブックスの姿に、それまでジョン・ウェインが築き上げてきた無敵ガンマンのイメージは微塵も感じられず、ただただ弱々しく哀しい存在に見える。無法者とガンマンが主役だった西部時代が終わりを告げ、20世紀の新しい時代が到来する。ブックスは19世紀を象徴する存在であり、彼の命を狙う3人のガンマンに戦いを挑むのはブックス自身の過去の清算のためであるし、同時に終焉を迎える西部時代の清算のためでもある。
本作がジョン・ウェインの遺作となったことに何か運命的なものを感じてしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ