ここから本文です

ラスト・タイクーン (1976)

THE LAST TYCOON

監督
エリア・カザン
  • みたいムービー 13
  • みたログ 62

3.04 / 評価:23件

透明感のあるメロドラマ

  • spi***** さん
  • 2016年10月23日 12時55分
  • 閲覧数 427
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロバート・デ・ニーロがとにかく素敵でした。
いつも太ったりはげたり狂暴だったり、
そんな姿しか見たことがなかったんですが、
この映画では恋に悩む美青年をしなやかに演じていました。
「普通の青年役も演じれるんだ、そしてこんなにかっこいい人だったんだ!」
とビックリしました。
イタリア系独特の暗い色気というか影のある美しさがありました。

相手役の女優さんも可愛らしかったです。
妖精のようにすぐ消えてしまいそうなほど儚げな、
ちょっとあんまりいないタイプの美人で、
ミステリアスな役柄にぴったりだったと思います。

映像も透明感があって美しく、海辺のシーンなどは印象的で今でも脳裏に浮かびます。

話の内容は超豪華な昼ドラのような感じでしたが、
ラブストーリー部分は切なくて、見終わった後しばらく余韻が残りました。
私はこの映画好きですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ