ラスト・ラン

THE LAST RUN

96
ラスト・ラン
3.7

/ 10

30%
30%
20%
20%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(3件)

かっこいい50.0%切ない50.0%

  • le_********

    5.0

    裏社会でひとり生きる男の生きざまを、洗練された脚本、カメラ、音楽で描いた逸品

    監督:リチャード・フライシャー、脚本:アラン・シャープ、製作:カーター・デヘイヴン、撮影:スヴェン・ニクヴィスト、編集:ラッセル・ロイド、音楽:ジェリー・ゴールドスミス、主演:ジョージ・C・スコット、1971年、96分、原題: The Last Run 話は、ポルトガルのアルブフェイラという、のどかな海岸沿いの町から始まる。 かつてシカゴの犯罪組織で運転手役を務めていたハリー・ガームス(ジョージ・C・スコット)は、一人息子を亡くし、妻は家を出て行き、車をいじり、ドライブする余生を送っていた。ガームスは、9年ぶりに運び屋の仕事を請け負う。それは、脱獄囚ポール・リッカード(トニー・ムサンテ)とその恋人クローディー・シェラー(トリッシュ・ヴァン・ディヴァー)の逃亡を手助けする、というものだった。道中いろいろあったものの、ガームスは無事に二人を、フランスのペルピニャンという街へ送り届けたが、先回りしていた組織の殺し屋が二人を襲う。危機一髪のところでガームスは二人を救う。ガームスは二人を彼の漁船でアフリカへ送ることにするため、アルブフェイラに戻ることにする。・・・・・・ 『ミクロの決死圏』(1966年)や『絞殺魔』(1968年)で知られるリチャード・フライシャーが、『トラ・トラ・トラ!』(1970年)の翌年に制作した作品。撮影時、ジョージ・C・スコットは43歳、とまだ若いが、引退した裏社会の男を渋味をもって演じている。事実上、トーマス・クルーズの本格的デビュー作となる『タップス』(1981年)での将軍役が印象的だった。 映画としてほぼ通常の尺だが、ムダのない脚本でぐいぐい引っ張っていかれる。アクションシーンなどを適切な位置に仕込み、それ以外の静かなやりとりのシーンでも、建設的にストーリーが進むよう台詞ややりとりが洗練されている。 ファーストシーンで、愛車をいじるガームスが映され、次にはその車で、海岸通りを猛スピードでドライブするシーンがくる。風光明媚な海岸線を疾駆するオープンカーのシーンは、何度かに分け映され、カメラもさまざまなアングルや距離から撮り、導入部且つ前置きとして充分だ。 ガームスと二人の道中でのやりとりを挟み、ラストへと向かうが、ガームスとクローディーの淡い恋のエピソードが挿入され、単に時間を追うストーリーにさせていない。二人を船に乗せたところで、ガームスは、追ってきた殺し屋の銃弾に倒れる。ラストとしては、ふつうに見れば、ハッピーエンディングではないが、このストーリーのラストにふさわしい。殺されてかわいそうだとか悲しいとかいう感情は起きない。ガームスは、裏社会で生きていた男として、それにふさわしい生涯を終えたのである。時折、亡き息子の墓に、花を手向けに行くが、その息子にあの世で再会することになるのである。 撮影は、『処女の泉』(1960年)、『沈黙』(1963年)、『仮面/ペルソナ』(1966年)などイングマール・ベルイマン作品で知られるスヴェン・ニクヴィスト。脚本、カメラワーク、そしてジェリー・ゴールドスミスの音楽が、みごとに結晶した逸品だ。

  • her********

    5.0

    渋い

    作品:星☆☆☆☆ ジョージ・C・スコットの 「渋さ」にプラス1

  • mal********

    4.0

    仕事をまっとうする男はカッコいい。

    1971年公開されたアクション映画です。 犯罪から足を洗った男が、再び仕事を依頼されたことを契機に、自分の生きざまを振り返る姿を渋く描いています。 なんといっても主人公が、プロの運び屋という設定なので、存分なカーアクション・シーンを堪能することができます。 当時40代だったはずのジョージ・C・スコットが、寡黙で強固な信念を持ったプロの運び屋をこれまた渋く演じております。 クライマックスの銃撃戦の顛末は1970年代映画らしい寂しい終わりかたは、なんとも深い余韻を与え、主人公の虚しいくもしぶとい人生が見事に表現されて見ごたえがあります。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラスト・ラン

原題
THE LAST RUN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル