2009年10月31日公開

ラスト・ワルツ

THE LAST WALTZ

1162009年10月31日公開
ラスト・ワルツ
4.1

/ 97

44%
32%
18%
6%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1976年11月25日、サンフランシスコのウィンター・ランドでザ・バンドの解散コンサートが行われた。ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤングなど彼らとかかわりのあった豪華ゲストが次々にステージに登場。その模様を、舞台演出も手掛けたマーティン・スコセッシ監督がメンバーそれぞれへのインタビューを交えて映し出す。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(18件)

かっこいい25.0%楽しい19.2%ゴージャス17.3%泣ける11.5%セクシー5.8%

  • takamath

    5.0

    No regrets, Coyote

    典型的なUSロックはあまり好きではないので、ザ・バンドも良い評判をスルーして観ていなかったが、上映権が切れるのとシネマシティの極上音響上映があったので、観たがこれがまたカッコ良すぎる。 ロビー・ロバートソンのギターの音がカッコいい。 でも、ライブの音を省いて再録したものらしい。 それを差し引いてもカッコいい。 そもそもロビー・ロバートソンのルックス自体が、男から見てもセクシーだ。 ゲストがスゴい。 ギャラ無しでよくここまで集まったと感心。 マディ・ウォーターズ、ボブ・ディラン、ヴァン・モリソン、ニール・ヤングなどなど。 ジョニ・ミッチェルのCoyoteが、異様にカッコいい。 ベースラインが特にカッコよく、レコードだとジャコ ・パトリシアスが目立ち過ぎてるが、こっちではザ・バンドがジョニのバックバンドとして控え目にサポートしてる。 やっぱこれ、監督がマーティン・スコセッシだから、ちゃんと撮影も編集もしっかりできている。 ジョナサン・デミのトーキング・ヘッズも然り。 ボウイーのジギー・スターダストは監督がダメなので、映画もクオリティ低い。 やっぱこういう音楽映画のデキ不出来でも、監督のクオリティやパッションに依存する。 20200829 シネマシティ極上音響上映

  • Barca2009

    5.0

    ネタバレ至福の時間

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mur********

    4.0

    伝説のバンド+アルファ

    ザ・バンドのラストコンサート。 ザ・バンド以外のアーティストはよく知ってましたが… 懐かしく、いろいろなジャンルの曲、いろいろなアーティストとのコラボ、なかなかよかったです。 ただし、爆音上映は苦手です!!

  • ken********

    4.0

    かっこいいね

    1976年の「ザ・バンド」ラストコンサートのドキュメンタリー。 ザ・バンドは、正直全然知らないんだけど、かっこいい演奏で盛り上がりますね。 ミュージシャンみんな楽しそうだったなー。 ゲストミュージシャンは豪華でした。

  • bun********

    5.0

    もっと早く見とけば

    最高のライブ映画でした当分の間忘れられませんもう一回見ます!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラスト・ワルツ

原題
THE LAST WALTZ

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日