レビュー一覧に戻る
ラ・ブーム

ラ・ブーム

LA BOUM

111

beautiful_japan_

4.0

ソフィー・マルソー!

何はともあれ、ソフィー・マルソーのデビュー作。13歳の女の子ヴィック(ソフィー・マルソー)は、ブーム(パーティー)で出会ったマシュー( アレクサンドル・スターリング)を振り向かせようとする。相談に乗るおばあちゃんのプペット( ドゥニーズ・グレイ)が恋愛の極意を伝授してくれるのが可愛い。 ヴィックの父親と母親も男女関係には積極的で、ともに不倫相手を作るが付いたり離れたりで面白い。13歳と言えば中学生だが、持ち回りでホームパーティーをするフランスの中学生は積極的だ。 ホームパーティーを頻繁にやる欧米の人たちには若き日の甘い想い出を呼び起こす内容なのだろう。子供たちの帰りが遅いのを心配する親たちの姿も素敵だ。 主人公と同年齢のソフィー・マルソーが、1700人の中から選び出されただけのことはあると納得させる魅力であふれている。

閲覧数1,201