ラ・ブーム

LA BOUM

111
ラ・ブーム
3.2

/ 135

11%
24%
47%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • ame********

    3.0

    ソフィーマルソー13歳可愛いね

    ブーム(パーティ)に誘われてお母さんの服でファッションショーが可愛い 13〜14歳の恋模様って感じの映画ね 日本のこの手のと違うのはすぐ抱き合ってキスするところかな おお「愛のコリーダ」って有名だったんだな へー おフランスにもうわなり打ちがあったのか ひいお婆ちゃんと恋の話ができるってのがおフランスね 恋に関して全く枯れていないひいお婆ちゃんがいろいろ手助けしてくれて よりを戻してイイ感じになったかと思ったら 別のイイ男見て浮気心がってこれがフランス式なのね 40年も経って初めて見たことになるのだが 両親がこのあとどうなるのかが気になってしまった 自分に近いからだな まあ冒頭の子供達の言っているように 離婚当たり前のおフランスだから なるようになればいいのだろう

  • uay********

    4.0

    懐かしい『愛のファンタジー』

    80年代に一世を風靡したソフィー・マルソー主演作品だが、只のアイドル映画ではなく、なかなかの面白さに得した気分である。 懐かしいテーマ曲とともに、パリの風景をカメラがパノラマ的に移動するオープニングから好調。 マルソー演じる主人公ヴィックは、ブームと呼ばれるパーティーで、恋人を見つける事に夢中の13歳の少女。 父親は歯科医、母親はイラストレーター。ともに忙しいうえに浮気相手までいて、ヴィックをかまってあげられず、家族はギクシャクする。 ヴィックの相談相手は専らプペットおばあちゃん。このおばあちゃんを演じるドニーズ・グレイがとてもいい味を出している。この映画の影の立役者と言いたいくらいである。 母親が父親の浮気相手が勤める店で大暴れするが、プペットおばあちゃんが止めるでもなく一緒になって照明をぶち壊すシーンなど愉快痛快。 クロード・ピノトー監督は所々こういったユーモラスな演出を交え、マルソーらの魅力を引き出す事に成功、爽やかな青春映画に仕上げたと言っていい。 全編流れる主題歌『愛のファンタジー』は当時やたらにテレビで流れていたのを思い出す。本当に懐かしいメロディである。 少女の「レッドフォードみたいで素敵」というようなセリフに時代を感じる。 母親役のブリジット・フォッセーはあの有名な『禁じられた遊び』でポーレット少女を演じた子役出身の女優。

  • しおびしきゅう

    4.0

    ヴィックはもう、次の人!?

    NHKBSプレミアムで鑑賞! 2021年4月23日(金)放送分を録画で! 今年オイラが観た、182本目の映画! ソフィー・マルソー! 当時13歳の可愛いフランスの女優! 1980年代、日本でも、一大ブームになった!ような気がする! タイトルの『ブーム』は、そのブームとは違う意味みたいだけど! この歌もヒットした! 映画はフランス語だけど、歌は英語なんだね! フランスの映画だけど、フランスの歌じゃないんだ? 知らんけど! 内容は、普通のフランスの中学生の、日常を描いてる? 新学期が始まって、初恋をして、ブーム(自宅で開くダンスパーティーのこと)に誘われて、デート(マウス・トゥ・マウスのキスのこと)して、……! バレエのレッスンとか、初めてのブームに着て行く服を決めるファッション・ショーとか、可愛いソフィー・マルソーを見る為のシーンあり! まあもちろん、全編に渡る『普通の』ソフィー・マルソーも、十分可愛いのだが! 両親が、離婚の危機を迎えており、同級生の中にも、何人か離婚している家庭もあったりして、当時のフランスでは、珍しいことではなかったみたい! 日本では、最近では離婚も珍しいことでなくなってきているけどね! 当時は、そんなになかったと思うし、あっても、オープンにしないで、できるだけ隠していたと思う! その両親が、元の鞘に収まりかけていた頃、自宅で自分の14歳を祝うブームを開いていたヴィック(ソフィー・マルソー)は、それまで夢中だった男の子から、別の男子に乗り換えるのであった!! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • 柚子

    4.0

    ひたすら、懐かしい

    今見たら、ほんと、たわいもない話し なれど、1980年が満13才であった私にとっては、特別な思い入れのある作品 日本の中学生とフランスの中学生のこの差は、なんでしょうかねぇ…(^_^;) 余談? かの『禁じられた遊び』のポーレットちゃんが、ソフィ・マルソーのママになって会えるなんてね!

  • beautiful_japan_

    4.0

    ソフィー・マルソー!

    何はともあれ、ソフィー・マルソーのデビュー作。13歳の女の子ヴィック(ソフィー・マルソー)は、ブーム(パーティー)で出会ったマシュー( アレクサンドル・スターリング)を振り向かせようとする。相談に乗るおばあちゃんのプペット( ドゥニーズ・グレイ)が恋愛の極意を伝授してくれるのが可愛い。 ヴィックの父親と母親も男女関係には積極的で、ともに不倫相手を作るが付いたり離れたりで面白い。13歳と言えば中学生だが、持ち回りでホームパーティーをするフランスの中学生は積極的だ。 ホームパーティーを頻繁にやる欧米の人たちには若き日の甘い想い出を呼び起こす内容なのだろう。子供たちの帰りが遅いのを心配する親たちの姿も素敵だ。 主人公と同年齢のソフィー・マルソーが、1700人の中から選び出されただけのことはあると納得させる魅力であふれている。

  • きむらおだお

    4.0

    B級だろうが

    この映画を観たのは35年くらい前かな。 日本のCMにも出てたし、下敷き持ってたな~。 当時はソフィーマルソーの可愛さしか分かりませんでした。 35年振りに観たら、親の俳優さんが良い。おばあちゃん?ひいばあちゃん?も抜群。 脚本や映像はまあありきたりと思うけど、思春期の揺れ動きとアラフォーかな?の揺れ動きの対比がなかなか良いです。 さて、35年後自分は灰になってるんだろうなと考えると、感慨もひとしおでした。

  • ryo********

    5.0

    かわいさに今気づく。

    日本公開は1982年3月。日本でもかなり流行ったけど本気の厨二病だったので流行りモノになびいてたまるかと無視してました。ロードショーもスクリーンもソフィー・マルソーばっかりで辟易、ファラ・フォーセットのポスター毎月つけろや!とか、シェリル・ラッドをもっと表紙に使え!とV.S.O.P.飲みたいなーとか同時に考えてました。表紙を飾った回数、ソフィーもシェリルも大差ないんですけどね。 当時、何見てたのか調べてみたところ「ミッドナイトクロス」に狂ってました! 2〜3ヶ月前からWOWOWでまあまあ頻繁に本シリーズを放映していて、なぜか僕は急速にラ・ブームブーム!YouTubeでリアリティー聴きながらも録画し忘れること数回、ようやく観ました! ソフィー、かわいー!えー、今⁉︎ 仕方ない!今気づきました、スマセン! 勝手な大人の都合に振り回されながらも、したたかに恋する乙女、ヴィック。何をしてても何着ててもかわいい!ちょいちょいダサかわいい! 初めてブームに誘われて母親と何着ていくか相談する、短いカット重ねの場面が楽しいんだけど、これはあれだ、「アド街ック天国」のガールズコレクションだ!同じ人が何回も出てくるあのコーナーはインスパイア・フロム「ラ・ブーム」だったのだ! 両親の恋愛事情にかなり重きが置かれていて、ただのアイドル映画じゃなかったので、より楽しめました。事情とか知らないので分かりませんが、フランス人の恋愛観が垣間見える両親のどっちもどっちなドタバタ。 旦那の浮気相手のショップをぶち壊す母親(ブリジット・フォッセー)が凄い!お婆ちゃんも手伝って。なのに自分も浮気しちゃう母親。 ヴィックには大したことは起きず、他愛もないことが起きたり起きなかったり。 が、これが、ちょっと噂には聞いてたけど、これが「女ってコワ!」のラストか!表情は意地悪になってるし!厨二時代に見てなくて良かったかも!もし見てたら、今の、誰でもすぐに信じてしまう性格は歪んでいたかも。リアリティー!

  • MOON

    5.0

    懐~!

    ああ、懐かしい・・・・。 切ない甘酸っぱい青春。 青春なんて今じゃ使わないか~。 中学生の頃あんな恋をしていた。 いまじゃキュンキュンすることもないけど、あの頃の気持ちを思い出せてだけでもシアワセ♪ みんな~! 若い人達~! あっと言う間に過ぎ去ってしまう「今」を大切にして・・・・・。 ラ・ブーム いい曲 チークタイム思い出す、涙 この映画はきっと女性向きだな

  • eve********

    1.0

    今の中学生でもこんな映画喜ばん!

    時代が時代。 ソフィーマルソーがちょっとかわいいってだけの映画だ。 今どきの中学生あたりはこんな《子供だまし》のような 映画観ても唾棄するだけだろうさ。 昔々 子供だった人は喜んで観たかもしれんが、 今の時代を受け入れられない懐古人間だけがこの映画の DVDを後生抱えて懐かしめば良いんじゃねーの?ww

  • min********

    4.0

    懐かしさを感じながら観ました

    私がこの作品を観たのはもう二十歳くらいでしてソフィー・マルソーさん演じるビックを見てますと、ませガキだった当時を思い出して懐かしい気分になりました。 まあ、私のバアちゃんが恋の手ほどきなどするはずも無く女の子と歩いてるのを目撃されたときは『あんた、なんかしよるっちゃなかやろね?』(あなた、何かしてるのではないですか?)と言われましたよ(==; 私が連れてた女の子も母親に目撃されたらしくて『〇〇ちゃん、まさかって思うばってん、あんたの身体の中でオタマジャクシの泳ぎよらんね?』 ・・・・俺はどんな人間に見られてるんだ! 私の事は置いといて、ストーリーは『大人の恋』と『少女の淡い恋』が描かれてます。 やっぱり、ソフィーちゃんなんですよね。 我々の世代がメロディちゃんに恋したように、ソフィーちゃんに恋された方も多いのではないでしょうか? 私にはそれなりに楽しめる作品でありました。

  • kur********

    4.0

    あの可愛さに惚れた

    上映された頃は、まだ中学生だった。 初めて見たフランスのキュートな女優に一目惚れし、5回も映画館に足を運びました。 ただ、文化の違いなのか、レオタード姿でダンスをするシーンで、脇毛が生えてたのを見たときはマジでショックを受けたのを思い出す。

  • jun********

    3.0

    可愛いけど…

    ソフィー・マルソーは確かに可愛いけど、ストーリーは読めるし、ちょっと退屈かな。 思春期の不安とか、好奇心というのはよく伝わってきました!

  • 真木森

    4.0

    2歳上の彼女は私の人生の先輩でした。

     この映画を見たのは4半世紀ぶりになります。どんな内容の映画だったかはすっかり忘れていて、何かやたらに各家庭で週末ごとにダンスパーティー=「ラ・ブーム」が催されていて、「フランスでは父親も母親も子どもも平気で浮気をするんだなあ」と誤った感慨を抱いていたものです。私にとってのソフィー・マルソーは『ステューデント』の女子大生役が圧倒的だったので、本作における印象は遠い彼方のものとなっていました。たった1つ、そんな年月を経ても全く忘れることがなかったのが主題歌『愛のファンタジー』です。映像は古びるけれども音楽は記憶とより密接に結びついていて、「この音楽を聴くとあの頃を思い出す」という例を如実に示しました。  そういう訳で地上派吹き替えではなく原語で見たのも初めての今回、新しい発見が随所にあってびっくりしました。孫の恋愛を支援するおばあちゃんの粋なこと! 父親の浮気相手である化粧品店の女性の手練手管ぶり。不仲になって暫く夫婦別居することをきちんと筋立てて娘に説明する母親の威厳。その母親があの『禁じられた遊び』の少女役B.フォッセーで、あの映画で見せたつぶら真ん丸の眼が大人になってもそのままだったという驚きと、あの少女が嫉妬に狂って化粧品店をぶち壊したり浮気の結果夫以外の男性の子どもを身ごもってしまうと言う発展家ぶり。父親は我々の判断基準では風采の上がらない「オヤジ」に見えるのですが、作中で「SEXYね」と少女に評価されること(どうもフランスでは我々の考えるジャニーズ系の顔よりもガリア系のごっつい顔の方が好まれるらしく、A.ドロンよりもJ.P.ベルモンドの方が圧倒的に人気があるそうです)。フランス人は自国の文化・言語に絶対的な誇りを持っており、異国の文化に余り興味関心を抱かずかえって排除するものだという風評があるのですが、何のことはない「ラ・ブーム」では英語歌詞のムードミュージック、ディスコソングをじゃんじゃんかけて盛り上がっているという事実…。  そして一番驚いたのが当のソフィー・マルソーの魅力です。「13歳にして既に今の成熟した時の前兆が横溢している!」確かに少女としてのあどけなさや顔の造形のシンプルさはあるのですが、ちょっとした仕草や表情のリアクション、映画の画面を支配する存在感はもう既に出来上がっているのです。それだけ彼女はこの当時から成長していないのだという意地悪い見方も出来ますが、そういうのは米国ショービス界マスコミ的な嫌らしい観点です。彼女は自分の持っている元々の素質を伸びやかに活かし、自分のストロングポイントをよく知っていて無理なく成長しながらその年齢にあった「自分」を生地のまま提供しているのです。そもそもハリウッドの女優はどちらかというと「たおやかさ」というよりもタフさ、底意地の悪さを前面に出しているタイプが多くて整形や人工的シェイプアップをものともせず上昇志向を燃やしている感じがあざとくて辟易することが多いのですが、ヨーロッパの女優はそういうギラギラしたものを余り感じさせず「気品」を漂わせているタイプが多くて私は大好きです(P.クルスやM.ベルッチが好例です)。同じ子役でも例えばかつてのJ.フォスターや現在のD.ファニングのような根性座った感じではありません。もし彼女がこの『ラ・ブーム』シリーズだけでキャリアを終えて市井で平凡な人生を送っていたとしても、「あの頃は楽しかったわ、フフフフ…」とあっさり流してしまうようなナチュラルな感触があるのです。  問題の映画本編ですが恐らくは『グローイング・アップ』シリーズやイギリスの『小さな恋のメロディ』の線で作られたboy meets girl ものなんでしょうね。しかしそこは各国文化的素地の違いと言いましょうか、『ラ・ブーム』では全然子ども向け映画にするだなんて迎合感はなくて、大人の恋の鞘当てが堂々と展開するばかりでなくヴイックも子どもと言うよりは『ウィルヘルム・マイスターの修業時代』とでも言うような、単にキャリアを積んでないだけでいっぱしの女性として描かれています。さすが幾たびの闘争で権利を勝ち取り抜いた国、フランスの「教養」映画です。思えば彼女は私の2歳年上、一途な恋物語と思いきやラストは大きく裏切られ、でも等身大の女性ってこういうものかなあなんて変に達観した女性観を思春期にたたき込まれました。思った以上にこの映画から受けた影響は大きかったようです。そしてソフィー・マルソーはいまだにフランス映画の最前線を走っています。やっぱり彼女は年上の成熟した女性であり、人生の何たるかを私に教え続けてくれています。まだしばらく私も彼女とともにビルドゥングストロマンしていかなくちゃ。まあこういう所がまだアジア系で青臭く真っ直ぐで彼女に何十歩も人生の芳醇さの後塵を拝している由縁なのですけれども。

  • jap********

    5.0

    やっぱり、ソフィー!

    「フランス映画祭」開催されてたのか~ それで、ソフィーも来日していたとは・・・ 全然知らなかった。 知ってたら仕事休んででも行ったのに~(笑) あぁ残念。。。 海外の女優で一番好きです! ソフィー・マルソー! 現在も活躍しているのは、ファンとしてはすごく嬉しい。 最近では、「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」などに出演している彼女のデビュー作です。 もう30年近く前の作品なんですね~ パリを舞台に、主人公ビックの恋の始まりと別れ、そして、両親の離婚騒動などが描かれています。 日本で言うアイドル映画とは違います。 主人公ビックを演じたソフィーは、まだ10代でとても可愛いです! でも、子供っぽくない所がフランス映画らしくていいなぁ。 ちなみに、お母さん役のブリジット・フォッセーは「禁じられた遊び」の子役だった人です。 ビックの両親や友人など面白く描かれていますが、特に、ひいおばあちゃんのプペット。 こんなおばあちゃんいたら楽しいだろうな~というくらい魅力的です。 初めてこの作品を観た時、「ブーム」と呼ばれるパーティを楽しんでる彼、彼女らがとっても羨ましかった~ 地味な学生にとっては、なんておしゃれなことをしているんだ!と。 本気でフランス人になりたいと思ったな~ 今、改めて観てみると、主人公をはじめ、皆がいい意味で自由に生きてる姿に憧れます! フランスに一度は行ってみたいな~ 甘い歌声の主題歌と共に。 ソフィーの魅力が弾けている、この映画が大好きです!

  • fum********

    5.0

    ネタバレとにかくソフィーが魅力的

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • blu********

    4.0

    愛らしい魅力全開!

    中学生の時に観てファンになりました。公開当時まで青春映画は17か18歳位を中心とした大人びたアメリカ映画しかありませんでしたのでフランスの15歳中心の同作はとても新鮮でした。また登場するファションもLEEのデニム、スタンスミスのスニーカー、ラコステのポロと今では日本でも当たり前の物に憧れました。主演のSマルソーも今と違って(失礼!)愛らしくかわいいですよ! 当時、ファンレターを出した返礼で同配給会社から彼女のサイン入り絵葉書が送られてきた物は今でも大切にしてます! たまに観たりサントラを聞くとあの頃を思い出してドキドキします。

  • akiee

    3.0

    かわいいソフィーに憧れて

    随分古い映画ですが、とてもキュートなソフィーに憧れて観た覚えが。

  • まお

    3.0

    ストーリーより音楽が勝ってる映画

    かなり前に劇場で見ました しかし・・・ソフィーが可愛かったこと 年齢が信じられないくらい 独特の雰囲気を持っていたことに当時驚きました 内容は、ところどころしか印象に無いのですが 音楽が素晴らしくて 今でも、耳に残ってます ラブーム2も、やっぱり音楽が最高に素敵でした 内容は今見たら、また感想は変わるかもしれない

  • riz********

    5.0

    又学生に戻りたい。

    でもフランスの中学に行きたくなった、 お洒落だし男の子も皆イケメンばかり 主題歌が、内容に合ってた。

  • emi********

    4.0

    ネタバレ初めての

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中