ここから本文です

リオの嵐 (1965)

FURIA A BAHIA POUR O.S.S. 117

監督
アンドレ・ユヌベル
  • みたいムービー 0
  • みたログ 13

2.00 / 評価:2件

シリーズ第4作。舞台はブラジルです。

  • mal***** さん
  • 2011年7月14日 16時50分
  • 閲覧数 1029
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

1966年に日本で公開されたフランス版007ことOSS117シリーズ映画版の第4作です。

主人公の諜報員ユベールは前作のカーウィン・マシューズからフレデリック・スタフォードに変更されています。このスタフォードさんは後にヒッチコックの「トパーズ」で主演していましたが、一応本作が映画デビュー作らしいです。ついでに書けばスタフォードさんは1979年に亡くなられています。享年56歳でした。

で、このシリーズはこの後も継続されてますし、次回作となる「東京の切り札」は日本を舞台にしているにも関わらず、日本で未公開となった不運のシリーズです。

そんな経緯は本作に直接関係ないとは思いますけど、主人公ユベール以外の登場人物すべてが、彼に何らかの罠を仕掛けるのは良いのですが、誰の命令で動いているのかいまいちハッキリしないままアクション・シーンへの移行が繰り返され、演出のメリハリを感じられません。なのでユベール自身もジェームズ・ボンドほどの存在感がありません。

また、世界征服をたくらんでいるにしては女性を人質にして逃げ延びようとする組織のボスのせこさも残念でした。

ミレーヌ・ドモンジョ(名前の響きが好きです)をはじめとした女優陣はそれなりに豪華でしたが、シリーズ前作の「バンコバンコ作戦」の方が個人的には面白かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ