リッチ・アンド・ストレンジ

RICH AND STRANGE/EAST OF SHANGHAI

92
リッチ・アンド・ストレンジ
3.2

/ 13

23%
0%
46%
31%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(8件)

コミカル12.1%ロマンチック12.1%かわいい9.1%笑える9.1%知的9.1%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレロンドンに生まれて良かったニャー(黒猫)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    ネタバレ面白いとはいかない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    2.0

    ジャンルはラブコメになるのかな?

    レンタルしたお店では”サスペンス”コーナーにありましたが内容はラブコメかな。 笑える所はあまりなかったように思うけれど、船酔いした旦那の変な表情が何回かアップになるところや、清掃員を追い返す所などが笑いを狙ったところかな。個人的にはそんな笑えませんでしたが… やっぱヒッチコックはサスペンスかな〜。 サスペンス要素皆無で少々退屈でした。

  • e_s********

    3.0

    あの「アルマさん」の脚本らしい…

    あれもこれも詰め込みすぎて、わけがわからなくなった?という感じ(^^ゞ いきなり、親戚のおじさんから、世界一周できるような大金もらった夫婦が豪華客船で旅をする…というのだが。 結婚八年目ということで、まだ倦怠期というほどでもないだろうに、少しずつギクシャクし始める夫婦。客船で、それぞれ浮気相手と出会い、本気になってしまう(*_*; これだけでも充分、違和感あるのに、夫婦が元のサヤに戻るも、船が沈没(*_*;難破して中国船に救助され、なんとか帰国するわけだが…。 本当に何が言いたいのか、よくわからなかった。あの時代に世界各国、と言っても3,4カ国、ロケするだけでも大変だったことでしょう!でも、脚本があまりにも…いくらなんでも、これはちょっと…。 奥様の言いなりで撮ったんでしょうかね~?近年のあの伝記映画見る限り、強そうだもんな~、アルマさんって(^^ゞ

  • pin********

    3.0

    さすがにファンでなければ退屈かも。

    ヒッチコックの作品としては異色の作品でしょうか。 もっとも、ごく初期の作品ですから、ヒッチッコク自身も自分がサスペンスを専門に撮る監督になるとは思っていなかったのかもしれません。 様々な作風に挑戦していたのかもしれません。 この作品、何ともまとまりのない奇妙な作品ではあるのですが、逆に、ヒッチコックの多様性を感じさせる作品でもあります。 冒頭はビリー・ワイルダーを思わせるような都会の喧噪を描いき、それを見る限りでは、コメディかと思えます。 都会の会社で歯車のようにこき使われ、通勤の電車の中でくたくたになっている夫。 家庭を守る妻のエミリーは絵に描いたような良妻。 夫を信頼し尊敬しています。 しかし、夫はそんな生活に不満を感じています。 そこに、突然の大金が転がり込み、二人は日常を離れて旅行に出ます。 とにかく、この作品、どんな展開をするのか全く想像がつかないのです。 前述したように、冒頭は都会的なコメディかと思わせるのであるが、すぐに物語はでこぼこ夫婦の世界漫遊物語になってしまいます。 世界各地の風俗に戸惑う夫婦の姿に、珍道中ものコメディに展開するのかと思いきや、今度は、夫婦それぞれが浮気を初めてしまいます。 なんだ、ロマンスだったのかと思っていると、夫の相手は詐欺師と判明、いよいよヒッチコックお得意のサスペンスかと思いきや…なんと、二人の乗った船が難破。 海洋冒険ものになってしまいます。 最後には中国人のジャンクに助けられて故国に戻るという、まったくもって予断を許さない展開なのです。 各パートごとに面白いシーンはあるのですが、あくまで、ヒッチコック・ファン限定の作品でしょうね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
リッチ・アンド・ストレンジ

原題
RICH AND STRANGE/EAST OF SHANGHAI

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-