ここから本文です

リバース・エッジ (1986)

RIVER'S EDGE

監督
ティム・ハンター
  • みたいムービー 7
  • みたログ 116

2.81 / 評価:31件

正常と異常、普通と変態の境界線は?

  • ada******** さん
  • 2011年8月11日 12時26分
  • 閲覧数 913
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

グループ仲間の女の子の全裸死体。それを見た時の、彼らの反応とそれからの行動の話。


片田舎の高校生の日常と非日常をリアルに冷静に描いてはいるが、まるで絵空事のようにも思える。友情と思い込み、犯人を逃がそうとする者・通報し、事を収めようとする者・何事もなかったように生活する者、、、刑事や教師の常識が滑稽に感じるほど、彼らとは温度差が激しい。

でも、彼らだって生きている。無関心でも無感動でもなく、愛したい愛されたいと思っている。彼らはいい子ではない。でも、心は持っている。その出し方があまりにもストレート過ぎて、大人には受け入れてはもらえないだけ。


☆クリスピン・グローヴァー・・・ケイト・ブランシェット似(?)。「バックトゥ~」のパパさんです。思い込みの激しい自己満足型を熱演。巧いですが不気味です。キレイなお顔なんですけど、イっちゃってる瞳が怖いです。

☆キアヌ・リーブス・・・母親と、母親の連れてきた男・弟・妹と暮らしています。怒声が飛び交ってはいるけれど、家庭崩壊ってほどではないですね。お目当てでした(バレバレ?)。映画初出演にしては、良かったんじゃないでしょうか(甘い?)。不良には見えず、いいお兄ちゃんでしたよ。。

☆デニス・ホッパー・・・ダッチワイフ(!)を左手に、銃を右手に、人殺しの過去も持っていて、奴ら(?)が追ってくる、と言っています。でも、一番マトモに見えるから不思議です。巧いです。


重くて暗いストーリーです。何を言いたいの?2人目は誰が?何を感じればいいの?などなど分からない事も多いのですが、なかなかイイ出来だとは思います。ただ、お薦めはしませんね。スッキリしませんから、、、、。。。。

キアヌ・リーブスとデニス・ホッパーは、その後「スピード」でも一緒になります。でも、共演と呼べるほどの絡みはないんです。残念ですが。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ