ここから本文です

リバイアサン (1989)

LEVIATHAN

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 7
  • みたログ 227

2.87 / 評価:77件

アビスのようで反アビス

  • カーティス さん
  • 2020年7月4日 19時51分
  • 閲覧数 288
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

深海を舞台にしたSF映画。

同時期に公開されたSF映画『アビス』との類似点が多い作品です。舞台が海底基地である点、沈没した潜水艦が事の発端である点、海底に謎の生物が潜んでいる点…
ただ、『アビス』が『未知との遭遇』のような路線にいったのに対し、本作はさながら『エイリアン』あるいは『遊星からの物体X』。海底基地という密室空間を活かしたSFホラーとなっています。『アビス』とは真逆ですね。

残念なのは、ストーリーにも怪物にも新味がまったく感じられないこと。まんま『エイリアン』なストーリー。おまけに倒し方はもろ『ジョーズ』という焼き直しっぷり!
有名作の焼き直しということは、裏を返せば王道展開ということでもあるので悪いことではないとは思うのですが、如何せん怪物に魅力がないので劣化コピーにしかなっていないところが辛いです。犠牲者を吸収し、デビルマンのジンメンのように体表に顔が浮かび上がるという設定は面白いのですが、ビジュアルがパッとしないのです。

そんな本作ですが、わりと大金をかけていたらしく、海底基地のセットがなかなか本格的。これが最大の見どころといっていいでしょう。手がけたのは『スターウォーズ』や『エイリアン』のデザイナー、ロン・コッブ。海底基地というよりは宇宙基地みたいな雰囲気がありますが(汗)、一度行ってみたいと思わせるカッコ良さでした。とくに上下にスライドする潜水夫発進口が好きです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ