ここから本文です

ルーカスの初恋メモリー (1986)

LUCAS

監督
デヴィッド・セルツァー
  • みたいムービー 17
  • みたログ 162

3.04 / 評価:25件

過ぎ去りし日々を思い起こす爽やかな作品

  • fg9***** さん
  • 2017年5月15日 13時22分
  • 閲覧数 300
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …今から30年も前の1986年のウィノナ・ライダー映画初出演の作品だが、レビュー数は未だ4件のみだ。
 よっぽど人目に付かない作品なのだろう。
 …あらすじは、解説のとおり。
 観始めたら2回目の鑑賞だった。
 主人公のルーカスは、14歳だが飛び級しての高校生。
 そんなある日、引っ越してきた16歳の少女マギー(『グーニーズ』のケリー・グリーン)に一目惚れ。
 マギーのテニスのスコート姿には、ルーカスじゃなくてもドッキンだ。
 年の差はあっても学年は一緒なので、転校してきたばかりのマギーにとっては、ルーカスは頼り甲斐のある存在だった。
 しかし、やはり年上のマギーからしてみれば、年下の男の子の友達ぐらいにしか思えず、いつしかアメフト部の人気者キャピー(チャーリー・シーン)に心を寄せるようになる。
 キャピーはルーカスにとっても良い友達だったが、ある日、マギーとキャピーの逢引き現場を発見して、ルーカスはプチキレ、いかなる行動に打って出るか……てなストーリー。
 ルーカスに密かに思いを寄せる同級生の女の子役を、映画初出演のウィノナ・ライダーが演じていて初々しい。
 いじけた、ひねくれたところの微塵もない、少年・少女の無垢な心情が大らかに描かれていて、過ぎ去りし日々を思い起こされてくれる、なかなか爽やかな作品だった。
 結末の、アメフト部の監督のルーカスを見る視線がなんともツボだった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ