ここから本文です

ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間 (1970)

WOODSTOCK: 3 DAYS OF PEACE MUSIC...AND LOVE

監督
マイケル・ウォドレー
マーティン・スコセッシ
  • みたいムービー 18
  • みたログ 131

4.38 / 評価:25件

3時間の長尺を感じないドキュメンタリー

  • go_mad さん
  • 2007年7月14日 14時28分
  • 閲覧数 227
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

 スペースシャワーTVで放映してた伝説の音楽フェスティバル「ウッドストック」のドキュメンタリー映画。なんと助監督はマーティン・スコセッシ。
 まだ誰もいない広い農場にステージが組み上がり、徐々に人が集まってきて・・・3時間を超える長さだけど、全く飽きずに観ることができた。
 毎年フジロックフェスティバルやサマーソニックといった日本の大型フェスの放映を観ているけど、どうしても興味のないアーティストの時は飽きてしまう。実際に会場に行っても、そう。
でも、ウッドストックでは、その幕間さえも興味深い。どこから集まってきたのか、ものすごい数の若者たちのファッションもとてもかわいいし、言ってることも面白い。
 もちろんアーティストの演奏も感動もの。ザ・フーのサマータイムブルースは、中学生の頃から大好きな曲。ライブ映像で観ると震えがくるほど格好いい。ジョー・コッカーやスライの熱唱も熱い。私が一番印象に残ったのはオープニングのリッチー・ヘブンス。リズミカルに足を踏みならしながら扱うギターは、まるで打楽器のよう。本当に格好良かったです。
 70年版のこの作品にはジャニス(冒頭チラっと会場入りする姿が!)やザ・バンドの演奏シーンがなかったですが、もしかしてディレクター・カット版にはあるのかな?ぜひ観てみたいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ