ここから本文です

レイジング・ケイン (1992)

RAISING CAIN

監督
ブライアン・デ・パルマ
  • みたいムービー 40
  • みたログ 380

3.28 / 評価:126件

「キャリー」より洗練された怖さが光る作品

  • hoshi595 さん
  • 2011年4月9日 4時35分
  • 閲覧数 763
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

サスペンスで映像美が印象に残る「サスペリア」とは
一味違うものの、やはり映像の美しさを語らずには
いられない作品。

古くは「キャリー」、最近では「ブラック・ダリア」
などを手掛けたブライアン・デ・パルマ監督の仕掛けた
”恐怖”はヒッチコック作品とも異質である。

主演は「トワイライトゾーン/超次元の体験」の第四話
で印象に残る演技を披露したジョン・リスゴー。表情
豊かな演技ながら決して大袈裟だけでなく繊細な面も
披露しているベテランでサスペンスには欠かせない。

物語は、平凡な主夫?が主人公と思いきや、だんだん
異常な世界へ導かれてゆく。

共演に、「ボイリング・ポイント」でウェズリー・
スナイプスと共演のロリータ・ダヴィドヴィッチや
ブライアン・デ・パルマ監督作品「スカーフェイス」
でもアル・パチーノと共演していたスティーヴン・
バウアーなど。

「キャリー」ではシシー・スペイセクの存在自体が
”恐怖”であり、ラストの不意打ちが特徴であったが、
本作品では、格調高い映像美とは反比例して、人間の
内に秘める”怖さ”が描かれている。

映像技術を駆使した演出は、過剰気味になると逆効果
だが流石にブライアン・デ・パルマ監督の腕は確かと
言える。

幻想世界を漂う様なムードに浸リすぎると、真実が
見えにくくなる点はあるが、ラストは含みを持たせすぎ
かもしれない。

それにしても、ジョン・リスゴーの実力をまざまざと
見せつけられた作品で、心理サスペンスの佳作である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ