ここから本文です

レイジング・ブル (1980)

RAGING BULL

監督
マーティン・スコセッシ
  • みたいムービー 219
  • みたログ 1,467

3.69 / 評価:474件

傑作

  • al2***** さん
  • 2019年10月25日 11時08分
  • 閲覧数 1544
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

スコセッシ監督デ・ニーロ主演の黄金コンビによるボクサー伝記映画の傑作。
まず「ザ・ヤクザ」など監督としても有名なポールシュレイダーによる脚本が素晴らしい。実在のミドル級ボクサージェイクラモッタの性格、半生を細かに描き最後まで見入ってしまう。
もちろんそれを映像化したスコセッシ監督の手腕もさすが。「タクシードライバー」や「ギャングオブニューヨーク」などNYを舞台にその街の猥雑さ、危険な香り、人間模様を描かせたら天下一品の彼がこの作品でも1940年代のNY、ブロンクスの雰囲気が画面いっぱいに出ている。
この作品で有名になったデ・ニーロのいわゆる「デ・ニーロ アプローチ」体型まで変える熱意、を見事にカメラに収め、カラーなら行き過ぎて過剰になるところがモノクロならではのボクシングシーンのド迫力さはすさまじい。
弟役のジョーペシも一見コミカルになりそうな見た目から出る狂気と残忍さが印象に残る。のちに同監督の「グッドフェローズ」でオスカー取ったのも納得。

「ロッキー」「傷だらけの栄光」など数多いボクシング映画の中でもトップクラスの名作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ