ここから本文です

ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう (1972)

EVERYTHING YOU ALWAYS WANTED TO KNOW ABOUT SEX BUT WERE AFRAID TO ASK

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 24
  • みたログ 316

3.35 / 評価:63件

短編オムニバス映画。

  • takabin さん
  • 2009年11月9日 12時59分
  • 閲覧数 376
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

1972年の作品と考えれば凄い出来だと思います。
結局何も残らない気がするが、未知なものは未知なままにしておこうというメッセージだけは伝わりました。

全7話のうち秀逸なのは7話目の「射精のメカニズム」でしょうね。
人間の感情や神経を人間が演じていて、「快感」はひとり踊りまくっているし、「罪悪感」は神父が登場。「胃」はイタリア料理を迎え撃つ。

脳内で繰り広げられる会話も味があります。
精子のなかに黒人が一人混じっていて「俺だけ場違いでは」のセリフがツボでした。

7話以外では、巨乳が襲ってくるやつがくだらなさ過ぎて好き。
また、別話の「羊」はウッディ・アレンが出演していませんが、主人公の医者を演じた役者は、眼で困惑や手の動きで感情を表現できていて、妙にリアリティがあり良かったと思う。

現代のギャグ、コントの手本となっているような作品。
決してエロムービーではありませんので、いろんな意味で注意を。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ