ここから本文です

レインボウ (1989)

THE RAINBOW

監督
ケン・ラッセル
  • みたいムービー 7
  • みたログ 28

3.44 / 評価:9件

今の日本の若者より昔の英国の若者の方が…

  • 百兵映 さん
  • 2016年4月21日 17時49分
  • 閲覧数 365
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 純粋無垢、天真爛漫に幼少期を過ごした女の子が、少女趣味(といえば失礼か)の中に社会的正義感が芽生え、やがて性徴期に達し、青年期になる。いわゆる疾風怒濤の時期(今ではそういうことも言わないかな)。ここでは、性の官能体験を交えて疾風怒濤が描かれている。原作がどうかは知らないけど、映像としては官能体験が強調されている。

 青年期が性的なジレンマの時期であることは自然現象だが、その表れ方や行動には個性の差があるのも事実。この場合は、女であること、イギリスであること、戦時中であること、学校の教育の方針、等々の条件でこのようになったのか、つまりこれが一般的であったのか、彼女の特別のケースであったのか、すべての条件が違う現代の東洋からは分かり難い。

 女性が自立の道を求めて奮闘努力する作品は他にもたくさんある。青年期の疾風怒濤を描いた作品もいっぱいある。自分の青年期は遠い昔。今の青年を見ていて、彼らの疾風怒涛というのは全然感じられない。皆おとなしい。良いことか悪いことか、分からない。だからといって、今の若者映画を見て共感できるものはほとんどない。むしろ、昔(イギリス・ヴィクトリア時代)の方が馴染みやすい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ