レインマン

RAIN MAN

134
レインマン
4.1

/ 2,014

37%
42%
17%
3%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(250件)


  • MEG

    5.0

    めっちゃ良い

    これはDVD欲しいぐらい(持ってないけど)好きな映画。 ダスティン・ホフマンさんの自閉症の みごとな演技、 カジノの大勝利、 そして兄弟愛に泣ける(ToT) チャーリーが昔、兄レイモンドのことを レイモンドと言えず、レインマンと言っていた、というタイトルの意味がまた、良い。 超絶オススメ!

  • 1048

    2.0

    期待ハズレ

    始めての鑑賞 これそんなに面白いかな? 駄作まで言わないが 当時はこんな作風が斬新だったのか? とにかく観ていて余り面白いとは感じなかった。

  • Mullllllin

    3.0

    自閉症と暮らすのは難しい

    自閉症の兄と健常者の弟が関わる映画 自閉症というのは、アスペルガー症候群(高機能自閉症)とは違う より重い障害 兄の演技は凄い 健常者が演技しているはずなのにとてもそうは思えない嵌まり込み 弟はなんか、悪くないけどただのトムクルーズ  自閉症が知られていない時代に見たらなかなか衝撃だったかも知れないけど、今見ると普通のコメディー的な映画 見ても損しないだろうけど特段お勧めする気持ちにもならない 兄に超人的な計算能力が有ったから良かったけど、もしそんな超人的な要素は無い度を越した変人だったら、兄弟の仲はどうなっていたのかな...自閉症がみんな天才じゃ無いからね

  • さえばたろう

    5.0

    誰にでも一つは才能がある。

    ダスティンホフマン演じる障害者に実は隠れた才能があり、金持ちになるのがメインストーリー。っていうかやはりギャンブルには黒幕がいるもんなのだなと。 トムクルーズも兄弟思いの良い役をしている。心温まる名作です。

  • mit********

    5.0

    ネタバレ金銭欲から兄弟愛へ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fun********

    3.0

    ネタバレ久しぶりに見た

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fk0********

    5.0

    ダスティン・ホフマンは必見

    数年後に初めて、Who's on firstの本ネタを見て爆笑しました。 ホフマンはすごい。

  • net********

    4.0

    心つながってるよね

    いたずらにコミカルにするわけでもなく、ダスティン・ホフマンの演技はやりすぎることもなくクール。 それは脚本も同様に、刺激的なやり方に振るわけでもなく、ドキュメンタリー的な陰鬱さ、苛烈さもない。 もちろん少し笑っちゃうシーンもあり。 本当にほのかな反応や、ささやかな兄弟の心の通じ合いに感動する。

  • ケサ

    4.0

    ネタバレ演技すごい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    4.0

    演技が堪能できる

    やはりダスティン・ホフマンの演技に引き込まれた。トム・クルーズも頑張ってた。何度も観たい映画というわけではないが、一度は観ても損は無いと思う。

  • tur********

    5.0

    ネタバレ母親の気持ちが少し分かるような

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • サラ

    4.0

    何度も観たくなる名作

    何度も観たくなる名作です。ダスティンホフマンの演技は素晴らしく、トムは若くて可愛い〜!!お金しか頭になかったトム演じる弟チャーリーが次第に兄弟愛に目覚めていく様子が心に響きます。カジノのシーンは爽快で、1番楽しいシーンですね。それとレイモンドが、チャーリーの頭をポンポンっと撫でるシーンが好きです。唯一お兄ちゃんらしい行動ですね。偶然一つ前に観たソムニアはレインマンからヒントを得た気がする...

  • きゃる

    4.0

    古くなるほど面白くなる

    公開から30年以上経過、もう何回観たことでしょう。 当時のロスやベガスの乾いた空気感、喧噪が心地よい。 ハッピーエンドでないのに、なぜこんなに清々しいのか。 どんなに人生が長かろうと、密度の濃い6日間、 決して忘れられない6日間は誰にでもあるような気がします。

  • bas********

    5.0

    演技なんて忘れて魅入った。

    ダスティン・ホフマンさん、演技だなんて、、。 どれだけ研究したんだろう。のっけから車に勝手に乗った佇まいから何の違和感も覚えずレイモンドだった。 物語が進むほど危惧する気持ちと愛おしさが同時進行。メインマンと博士のいる病院で、心を煩わせることない日々を過ごして欲しいと願いながら、チャーリーと過ごす数日間が決して悪い心地でないレイモンドを観ていると、選択の神様を恨みたくなった。 チャーリーの幼児の頃の写真に熱湯がかかって恐怖心がフラッシュバックするシーンに、父親の兄弟に対するそれぞれの悲しい愛情がブワッとイメージとして伝わってきた。レイモンドがいかにこの時弟の死を怖いと思ったか、それを思うと胸が張り裂けそうだった。おぼろげなレインマンの記憶が幼き頃兄として側にいたレイモンドだったと知る、雨とレイモンドを結びつけるこのタイトルにも鳥肌が立つ。 号泣とかそんな意味でない貴重な感動。観て良かった。 何にも知らない頃じゃなく今観て良かった。 何度も書きたい。ダスティン・ホフマンさんが素晴らし過ぎる。

  • kyo********

    5.0

    さすがのダスティン・ホフマン

    高級車のブローカーをしているチャーリー(トム・クルーズ)は、ギリギリのところでの綱渡り経営をしていた。ある時、長い間音信不通にしていた父親が亡くなった。その後、車と薔薇以外のお金を別の人物に残すという遺言を聞き、納得のいかないチャーリーは、その管財人、ウォルター・ブルーナー医師(ジェリー・モレン)のところに行き問いつめる。そこで、ある人物に出会う。1988年製作。 自閉症の兄、レイモンドを演じるダスティン・ホフマンはやっぱりすごい。さすが(°∀°)b自閉症について 研究を重ねただけのことはある。アカデミー主演男優賞も納得です。まだまだ、こういう病気の役が今でこそ何作品もあるけれど、当時はまだほとんど観られなかったのではないだろうか。トム・クルーズはとっても若くて、まだまだフレッシュな感じ。 けっして重苦しくはなく、時にはコミカルなシーンも。家族愛に目覚めていくチャーリーの様子を丁寧に描いている。笑ったり、心が温かくなったり、ホロリときたり...単純なハッピーエンドには終わらせないところもいい(・∀・) 2010/03/14

  • エル・オレンス

    5.0

    C-H-A-R-L-l-E...Main man.

    アカデミー作品賞含む主要4部門だけでなく、ベルリン金熊賞も受賞した本作ですが、その快挙に相応しい完成度です。 はっきり言ってトム・クルーズは、完全にダスティン・ホフマンに食われていました。本作のダスティン・ホフマンを超えるレイモンド役はいないでしょう。 脚本も非常に練られているため、睡魔が襲いがちのロード・ムービーであるにも関わらず、最後まで夢中になれます。 そして音楽は、当時まだ無名だったハンス・ジマー。本作のスコアがアカデミー作曲賞に初ノミネートされて以後、人気映画を次々と手掛け、一躍世界的な人気音楽家になります。(そして翌年の『ドライビングMissデイジー』(1989)と、2年連続作品賞受賞作の音楽を担当したのも凄い) =================================== ★1988年アカデミー賞 主要4部門受賞 作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(ダスティン・ホフマン) ★1988年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 2部門受賞 作品賞、主演男優賞(ダスティン・ホフマン) ★1989年ベルリン国際映画祭 金熊賞受賞

  • syu

    1.0

    上から目線

    物語中盤になっても主人公が怒鳴り散らしていていつまでも感じが悪く、途中で見るのが辛くなってしまった。 善意の押し売りしているような、上から目線の印象が強い。友情とか絆みたいなのは全然感じなかった。 正直、嫌がる自閉症の人物を無理やり連れ出すという最初の時点で、もうダメだった。あんな事やったらパニックになりかねない。カッコーとかでもかなり無理やってたけど、あれは同じ目線と言うか、思いやりみたいなのをしっかり感じたから納得できたけど、これはさっぱり。

  • ほうちのひと

    4.0

    ネタバレアホを売り物にした映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fiv********

    2.0

    名作なのか駄作なのか分からない!

    この作品は、以前から兄弟愛を描いた感動作として題名だけは知っていたけど最近BS放送でやっと観る機会を得た。 感想は、結局名作なのか駄作なのか分からなかった。 アカデミー作品賞を受賞した作品なので余計にそう思うのか。 ダスティン・ホフマン扮するレイモンドは、本当に素晴らしい名演技。 しかしトム・クルーズ扮するチャーリーは、どこか兄を思う気持ちが言葉以上に伝わらない。 だから、本来感動するシーンでもそれほどグッとこない。 しかし、ストーリー展開から周りの人から誤解され最後まで信用されない人物像なので、これは演技で意図された演出なのかもしれない。 ただ個人的には、もっと感動したかった。 出来ることならニコラス・ケイジがチャーリー役をすれば、もっとたまらない作品になっていた気がする。

  • lon********

    4.0

    良い映画です

    良く出来た映画だなと思いました 思わず泣いてしまいました

1 ページ/13 ページ中