ここから本文です

歴史は女で作られる (1956)

LOLA MONTES/THE FALL OF LOLA MONTES

監督
マックス・オフュルス
  • みたいムービー 27
  • みたログ 45

3.54 / 評価:13件

愛と自由に生きた伝説の女

  • gar***** さん
  • 2012年12月27日 21時41分
  • 閲覧数 927
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

舞台は、19世紀のとあるサーカス。このサーカスの目玉は、ヨーロッパにおいて名をはせた「魔性の女性」ローラ・モンテス(マルティーヌ・キャロル)本人が、自分の半生を語る見世物である。今夜も美しいローラが現れ、ショーが幕を開き…
19世紀において女性の生き方は、非常に限られていました。一つは、結婚し妻や母として夫や子供に人生を捧げる「家庭の天使」タイプ。もう一つは、結婚をせず上流家庭の家庭教師や女学校の先生など働く女性になる『小公女セーラ』の「ミンチン先生」タイプ。そして、この二者に合致しないタイプがいました。それが、この映画の主人公ローラ・モンテスのような美しいが家柄に恵まれず富と名声を得るために、男たちを利用して生きていく「ドゥミ・モンデーヌ」タイプです。このタイプについては、古くから映画化がされているデュマ・フィスの『椿姫』やゾラの『ナナ』などが知られています。これらの作品のヒロインたちは、実際のモデルたちが存在しケタ外れな話が伝わっています。そんなドゥミ・モンデーヌたちの中で、最も伝説的な存在が、「一国の国王を退位に追いやった」ローラでした。
映画では、アメリカの片田舎にやってきたサーカスから始まります。華やかなサーカスで描かれるローラの人生はまさに「スペクタクル」観客のみならず映画に引き込まれていってしまいます。軍人、作曲家、外交官、そしてバヴァリア国王…様々な男たちと彼女の物語に引き込まれ、時間を忘れてしまいます。卓越した脚本とカメラワークは、まさに名人でしかできないものです。この所、あまり映画を見る時間に恵まれずストレスが溜まっていましたが、久々に映画を見るワクワク感がよみがえりました。
そんな見事な映画の最大の功労者は、マックス・オフュルス監督。『輪舞』や『快楽』『たそがれの女心』など、「女を描ける監督」の代表格です。彼が描く女性は、時に軽薄で移り気、それでいて美しく官能的です。そのオフュルスが生み出した女性像の集大成こそ「ローラ・モンテス」だと思います。
そして映画を語る上で欠かせないのがキャスト。まずは、マルティーヌ・キャロルのローラです。キャロルは、ブリジット・バルドーが登場するまで、フランス映画のセックスシンボルとして知られた人。バルドーが、「ベベ」の愛称にあるように若さと無邪気さが武器のセックスシンボルなら、彼女は「大人の女」の艶やかさでしょう。子供には出せぬ「女盛り」の魅力を堪能できると思います。男性陣ならアントン・ウォルブルックとピーター・ユスチノフ。ウォルブルックのルードヴィヒ1世とローラの物語が、私は特に好きです。自由を愛し、「私は規制が大嫌い」というローラと人生の黄昏時を迎えた初老の国王が、愛し合いながらも別れる姿は、この物語がただの「悪女」の話では無いことを物語っています。特に忘れがたいのは、ローラが国王とのことを大学生に告白するシーン。「長く待ち望んでいた奇跡が起こると、うれしいものなの」というセリフに、この関係が2人にとってどれほど幸せだったかがうかがえて、ホロリとしました。ウォルブルックといえば、若き日の『たそがれの維納』で演じたプレイボーイの画家(す~ごく男前ですよ)でも女優の美しさを引き出す存在でしたが、ここでも愛に輝く女性の魅力を疋田hしています。
そして、インパクトの強いキャラクターがサーカスの団長を演じたユスティノフ。映画の狂言回しという設定ですが、彼もまたローラに魅せられた男の一人だと思います。どこか屈折したものを感じさせる彼の演じっぷりも必見です。
そして、もしこの作品をご覧になるならぜひブルーレイ版をお薦めします。とにかくテクニカラーの美しいこと。映像美で見せる作品ですので、画像が良いもので見て欲しいです。
愛と自由に生きた伝説の女を、素晴らしい映像美で描いた傑作。もしかなうなら、映画館のスクリーンで見てみたい作品です。
<ルードヴィヒ1世のコレクション>
ウォールブルックが見事に演じたバヴァリア(ドイツではバイエルン)国王ルードヴィヒ1世。ヴィスコンティの『ルードヴィヒ 神々の黄昏』でもおなじみ、ルードヴィヒ1世のおじいさんに当たる人です。孫は、元祖ワグネリアンとして知られた音楽通ですが、祖父の方も美への関心が非常に高い人でした。そんな彼が1827年から1850年にかけてコレクションしたのが、36枚の美人画。現在では、「美女のギャラリー」として知られるコレクションを作ったのです。もちろん、36枚の中にはローラの物もあります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ