ここから本文です

レッド・オクトーバーを追え! (1990)

THE HUNT FOR RED OCTOBER

監督
ジョン・マクティアナン
  • みたいムービー 148
  • みたログ 2,178

3.88 / 評価:668件

今見ても面白い名作 主演2人がいい!

  • tof***** さん
  • 2020年11月5日 19時34分
  • 閲覧数 841
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

午後ロードで視聴
有名作品で昔見た記憶もあるが、緊迫感ある展開と、名優ショーンコネリーとアレックスボールドウィンの演技に引き込まれる
とはいえ134分もの作品を100分以下?にカットしまくりで、ボツ切れで慌しかった
加えて同じように見えるおっさんばかりで、あちこちの艦や場所に飛んで誰が誰でなんだかよくわからなくなったし(特にダラスの艦長と補佐?の人、同じデカイ眼鏡かけててこんがらがったしw)
だがショーンコネリーは、「こんなカッコいい渋おっさん他にいるか?」という感じで、唯一無二の存在感
どんな普通の役でも、彼が演じるだけで品の良さと重厚感が生まれる稀有な俳優
ただストーリー的にアメリカサイドが割とたやすく潜水艦ごと亡命というありえん話を信じるとこと(特にダラスの艦長が聡明で協力してくれてなかったら、魚雷でドスンで終わってたよ)、ラミウスの亡命理由がよくわからないこと(いくらロシア人ではない言っても、あんな前代未聞の裏切りする以上、軍人として高尚な理由が欲しかった(あれじゃ、潜水艦ごと亡命するってテーマありきで作って、理由適当に付けた感が酷すぎる)、腹心の部下も、全員妻も子供も親も兄弟も都合よくいないわけ?残った家族KGBに拷問監禁では?
それによく言われてる最大のツッコミとして、あんな有能で頭いい人物が、「アメリカ側にも俺らの意図汲み取ってくれる奴いて、きっとなんとかなるだろ」って適当すぎるノリで動いてるとこ
ソ連潜水艦に撃沈されるか、アメリカに撃沈されるか、乗組員にバレて反乱される確率99%くらいのはずが、さすがアメリカ様様の、ご都合結果オーライで乗り切っちゃったなー
副官は死ぬけど他は無事というのも...
まあ全体的に良作だよ
映像も音楽も良かったしね

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ