レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ
3.9

/ 78

37%
28%
26%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(15件)

コミカル23.1%笑える17.9%楽しい12.8%かっこいい10.3%不思議10.3%

  • nothing

    5.0

    オススメ、特に短いところが

    期待しないで見始めたせいか、最初から最後までツッコミながら楽しく見ました。 お茶の間向きかも。 ロシア民謡しか演奏できない人たちかなぁ、と思ったら、何でも演奏できちゃうし、飛行機乗れるのかしら、と思ったら乗れちゃうし、英語もあっという間にマスターしちゃいましたよ! ロシアのツンドラ地方に比べたらアメリカはさぞかし華やかだろうと思ったら、そーでもありませんでしたね! そ~来るか、の連続でした。 ところどころコーエン兄弟のコメディに似ているなぁ、と感じる画もありましたが、彼らほどおしゃれでもブラックでもないです。 ほのぼのとしていて癒やされました。 ラストも落語のオチと同じで、唐突でそれ自体面白くはありませんでしたが、いい意味で予想を裏切られました。 歌も演奏も上手いし、絶妙の短さで見やすいです。

  • ニッシー

    3.0

    まずまず

    ジャームッシュ好きとしては雰囲気似てるし 好きな系統のはずなんだけど何かノリきれなかった 嫌いじゃないけど面白いとはいえないかな ちなみに続編のモーゼに会うは死ぬほどつまらなかったので 注意してほしい

  • stn********

    2.0

    この評価は間違っている。でもそれでいい。

    つまんねぇよ。 久々に鑑賞中に絞るように声に出た。 お洒落コメディー音楽ロードムービーとでもいうべきか。 センスも知識も足りない私には、少しも面白さは伝わらなかった。 ひたすらに退屈に進んでいく物語と、差し込まれるよくわからない音楽。 一番きついのは、これみよがしにシュールでしょ?と訴えかけるコメディ要素。 気狂いピエロ以来何年かぶりに早送りに手が伸びそうになった。 平均評価が高いのは予想通りで、センスあるやつだけ観てセンスあるレビュー書いてんだろうなぁ、と開始15分で思っていた。 ただ私は、わからないものはわからないし、つまらないものはつまらないと、正直なレビューをしておく。 星2。 ボーントゥビーワイルドだけはわかったし、ちょっとだけテンションがあがった。 インパクトもあるので、クソとはいわない。 なんかお洒落でセンスがある人向け。 私は嫌いなタイプの映画だ。 好きって言っとけばセンスいいと思われる映画と思う。 私は嫌いだ。 少し話がずれるが、バクダットカフェは最初はつまんねぇ映画と思った。 何年か後に見返したところ、かなり面白く感じた。 同じようなお洒落映画で括られそうだが、似て非なるものだ。 この映画を見返すことは、ない。

  • Mho

    4.0

    周期的につい見ちゃう作品

    私の中ではブルースブラザースのロシア版という位置づけ。長くてグダグダしてて特に音楽が好きっていうわけでもないのに、何年間か経つとつい見てしまう作品の一つ。この空気感に毒されて、玉ねぎとリーゼントを特別な目で見る様になってしまいました(笑) あとテキーラね。コミカルで味がある映画です。

  • sto********

    5.0

    最高にグダグダなロードムービー

    単純に楽しめる、めちゃくちゃ面白いオフビートなドラマ。途中の中古車屋の店員としてジム・ジャームッシュが出演してる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

原題
LENINGRAD COWBOYS GO AMERICA

上映時間

製作国
フィンランド/スウェーデン

製作年度

公開日
-

ジャンル