ここから本文です

ロアーズ (1981)

ROAR

監督
ノエル・マーシャル
  • みたいムービー 13
  • みたログ 39

3.33 / 評価:24件

総てが本物の迫力

  • 一人旅 さん
  • 2020年7月26日 10時06分
  • 閲覧数 462
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ノエル・マーシャル監督作。

大の動物好きで知られるノエル・マーシャル&ティッピ・ヘドレン夫妻が、11年の歳月をかけて完成させた“動物パニック+家族モノ”の苦労作で、マーシャル夫妻の出演に加えて、ティッピ・ヘドレンの娘であるメラニー・グリフィスと、ノエル・マーシャルの息子であるジョンとジェリーが同じ家族として出演した、別の意味でファミリー映画(マーシャル家)となっています。

アフリカで150頭以上の猛獣と暮らしている動物学者の自宅を訪れた妻子が、そこら中に闊歩する多数の猛獣からひたすら逃げ惑う様子をノンストップで活写したアニマルパニックムービーです。

現在ではCGで表現されることも多くなった動物達ですが、本作ではCGは一切使用せず、総て“本物”の猛獣が所狭しと登場します。飼い慣らされているとは言え本物の獣を使うわけですから、撮影には当然危険が伴います。アフリカを訪れた家族がライオン、トラ、ヒョウといった猛獣に追い掛け回される光景は、撮影だと分かっていてもハラハラしてしまいますし、役者達の表情には本物の猛獣と直接絡むことへの恐怖心が所々で滲み出ています。

家族vs猛獣の目まぐるしい鬼ごっこをひたすらに描きつつ、動物愛護と家族愛に包まれて終わるリアル動物パニック映画で、部屋の中を飛び回る鳥を見て驚くティッピ・ヘドレンはヒッチコックの『鳥』(63)のオマージュです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • パニック
  • 恐怖
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ