レビュー一覧に戻る
ロイドの要心無用

ロイドの要心無用

SAFETY LAST!

60

syo********

5.0

気持ちいのいいコメディ!

チャップリン・バスターキートン・ハロルドロイド 映画の三大喜劇王と呼ばれた人達だ。 『ロイドの用心無用』はそのハロルドロイドの代表作だ。 チャップリンやキートンは有名でレンタルショップで 探せば比較的に簡単に見ることが出来る。しかし、彼の作品は なかなかない。ちょっとマイナーな作品なのだ。見つけたら ためしに見てみて欲しい。 しかし、三大喜劇王として名高い彼の作品は、チャップリンなどの 社会風刺的要素を含まない純粋なコメディだ。そしてとても面白い。 ロイドの風貌は眼鏡の似合う生真面目なサラリーマン。 しかし、ちょっと見栄っ張り。そんな彼が上京するところから ストーリーが始まる。愛する人と結婚するために都会で 一山築いてやろうと意気込むんだけれど・・・ 世の中そんなに甘くない。 お金は無いし、職場には嫌味な上司や、凶暴なお客様たちにたじたじ。 そんな中をユーモラスに機転を利かせ上手に生き延びていくロイド。 俺の一番好きなシーンは、遅刻しそうなロイドが救急車に乗って会社に向かうシーン。 今世間で悪い意味で話題になっているからちょっと問題もあるがここでの駆け引きは抜群におもしろい! そんな中、ロイドに一攫千金のチャンスがやってくる!彼が勤めている お店をPRできたら1000ドルを出すというのだ!そして彼はいい案を思いつく。 それは、その店の外壁を命綱なしで登るというのだ!これが上手く出来たら結婚できる。彼は登ってもらうのを友人兼同居人のとび職の男に頼もうとしたのだが・・・ この映画のテーマとしては『やれば出来る!!』といったシンプルなところなのだが特に ラストの外壁を登るシーンはコメディを超越したところがある。もちろんスタントでは無いだろう。 つうか「こんな状況笑えねぇよ!!でもおもしろ!!w」 そういった命のやり取りの中の笑いはある意味奇跡を起こすのだ。 そんなロイドの作品に出会ったら、ぜひ見てみてください!

閲覧数414