レビュー一覧に戻る
ロイドの要心無用

ロイドの要心無用

SAFETY LAST!

60

oce********

5.0

笑いに賭ける命

ハロルド・ロイドはあの容姿に騙されそうだが、実はかなりの肉体派。 それが最大限に活かされたのがこの作品。 田舎から出た青年がデパートの主任と恋人に嘘をつく。 しかし本当は単なる売り子。 だが間の悪いことに彼女がデパートにやって来てしまう。 いわゆる見栄を張ったという奴だが、前半から中盤にかけてデパートの中で喜劇を生んでいる。 後半は一転してビルの外。というかビルの外壁。 ある事情で外壁をロイドが登るのだが、どう見ても本人だしスタントはいない。 おまけに命綱らしきものはなし。 この時代にCGなんてあるわけがないから本人が命懸けで登るというスタントを披露している。 笑いのために命を懸けるという、今の時代からしたら常識はずれのことをやってのける。 だからこそその姿勢に笑いながらも感動してしまう。 コメディアンでありながらも優れた役者であるハロルド・ロイドに感服。

閲覧数504