レビュー一覧に戻る
ロイ・ビーン

ロイ・ビーン

THE LIFE AND TIMES OF JUDGE ROY BEAN

124

いやよセブン

4.0

豪華なスタッフの西部劇

主演のポール・ニューマンは彼のキャラぴったりの役柄で、面白可笑しく見せてくれる。 西部の無法地帯に自分が正義である、と勝手に判事を名乗った男、ロイ・ビーンの奇妙奇天烈な人生をジョン・ミリアスの脚本でジョンヒューストンが描く。 あこがれのスター、リリーのエヴァ・ガードナーと、娘役のジャクリーン・ビセットは出番が少ないのが残念。 印象に残った台詞、「法」は必ずしも「正義」ではない、とさ。

閲覧数536