ここから本文です

ローマ帝国の滅亡 (1964)

THE FALL OF THE ROMAN EMPIRE

監督
アンソニー・マン
  • みたいムービー 12
  • みたログ 120

3.31 / 評価:48件

まだ「滅亡」ではありません

  • mottainainer さん
  • 2018年7月1日 14時41分
  • 閲覧数 920
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原題:『The Fall of the Roman Empire』のFallが「滅亡」と訳されていたので、五賢帝の次代で滅亡したのかと勘違いしてしまいましたが、コンモドゥスが亡くなった192年以降、ローマ帝国は395年に分裂するまで存続します。

このお話は、滅亡の原因の一つであるコンモドゥスの戴冠と専制についてを描いています。五賢帝の宥和政策時代に最大の領土になったのが、その後の悪政により「衰退」していったという意味での”Fall”です。

ストーリーは脚色がかなり入っているので、劇中の行為や人間関係や人物像について歴史の勉強材料にはなりませんが、英語が聞き取りやすいので、英語の勉強になります。

俳優陣が魅力的です。
コンモドゥス役は見覚えのある顔だと思ったら、翌年に『サウンド・オブ・ミュージック』のトラップ大佐を演じた俳優さんでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ