レビュー一覧に戻る
ローマの休日

ローマの休日

ROMAN HOLIDAY

118

pie********

5.0

あっという間に過ぎてしまう118分

TOHO午前十時の映画祭、映画館での放映ということで足を運んだ。 以前見たのは、小学生だったか中学生だったか。素敵でちょっと悲しいお姫様のお話だったと記憶している。 そこから20年ほどの時が流れ、今見るとどう違うだろうかと楽しみだった。 あっという間の118分だった。私はせっかちな所があり、いつも映画を観ていると残りの時間が気になってしまう。ただ、今回は気づけばフィナーレだった。 さらにラブストーリーの映画が苦手だ。なぜなら2時間程度の時間で、出会って恋に落ちて、ラストシーンまで表現できるほど恋愛は簡単なものではないと思っているからだ。 この映画は出会い〜ラストまで118分、ストーリー上でもたった3日足らず。にも関わらず、納得している。それはきっと、私自身がオードリーヘップバーンに恋をしてしまったからだと思う。 もう二度と会うことのできないふたり、そのふたりの言葉、表情、そして間までが、その切なさを伝える。 美しいローマの映像、カラーであればさらに美しいのであろう。ただ、モノトーンの世界だからこそ作り上げられた影の使い方は、この時代にこの映画ができたことに心から感謝してしまう。 さらに、今の時代ではすぐにネットで流れ、街中がパニックになるであろうストーリー、電話ひとつするのが大変だった60年以上前にこの映画ができたことにも感謝している。

閲覧数2,088