レビュー一覧に戻る
ローマの休日

ローマの休日

ROMAN HOLIDAY

118

tom********

5.0

心の中の宝箱にしまっておきたい二人の恋

不朽の名作。永遠の妖精・・・ 映画史上もっとも有名で、最も愛されている作品であると言っても過言ではないでしょう。 不朽の名作フェアで500円で観ることができたので迷わず見に行かせてもらいましたよ。幾度も観た作品ですが、スクリーンで観たのは初めてで新たな感動に包ませてもらいました。散髪シーン・・・スクーターで爆走・・・真実の口・・・記者会見・・・挙げればきりがない名シーンの数々がスクリーンでさらに輝いて見えました。 もはや伝説的な名作であり、いまさら何を語る必要があるのだろうか。そう思いましたがスクリーンでの感動がおさまらずに書かせてもらってます。 今でも全く色褪せない作品ですね。ロマンチックコメディの基礎を作った作品と言えるのではないでしょうか。珠玉のラブロマンスでありながら随所に笑いも散りばめられているため、テンポがよくグイグイと観る者を引き込んでいきます。 そして、観ながらローマの名所を巡ることができるのも素敵ですね。街並みの美しさにもうっとりです。モノクロなのですが、カラー以上に空が青く見えたりもしました。カラーだとある意味で見たまんまなのですが、モノクロだと想像力が働いてものすごい素敵な青空に思えてきました。モノクロの魅力を再認識しました。 そして何よりこの作品の最大の魅力は主演の二人でしょう。オードリーとグレゴリー・ペックです。私は男のためどうしてもオードリーの方に目を奪われていましたけどね。グラマーな女優が全盛な時代に突如と舞い降りた妖精。当時の人はさぞかし衝撃を受けたでしょう。某国営放送の番組のタイトルを使わせてもらと「そのとき歴史が動いた」ではないでしょうか。 この作品を再見させてもらって感じたことは、これは「純愛」だ!ってことです。最近ちまたではケータイ小説なるものが流行っています。どうも愛をさけんでしまった物語以降日本の純愛感は固まってしまっていると思うのです。最近に至っては単純に主人公たちを苦しめておいて悲しくさせて泣かすという手法が目立つと思います。 しかし、それって必ずしも純愛といえるのでしょうか?純愛とは純粋な恋だとおもうのです。観ていて憧れるような恋じゃなければ純愛じゃない!これは私の個人的な意見ですけどね。そういう観点から観ると「ローマの休日」は最高にロマンチックで憧れてしまう純粋な恋物語なんです。是非とも10代20代の女性に観てほしい。きっと価値観が変わるんじゃないかな。 二度と会えないことを悟った時、二人はこの一日の思い出を心の中の宝箱に大切にしまっておこうと思ったでしょう。そして二人の一日は私たち観客の心の中で永遠に輝いているでしょう。

閲覧数1,588