ここから本文です

ローラーボール (1975)

ROLLERBALL

監督
ノーマン・ジュイソン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 149

3.26 / 評価:47件

スポーツに愛を込めて その14

  • tak***** さん
  • 2008年7月19日 2時52分
  • 閲覧数 433
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

SFでもスポーツ映画祭り開催中。

第十四弾は「ローラーボール」映画だ~!

まずはローラーボールの説明から。
ローラースケートを履いて二チームに分かれて
円形スタジアムの走路(競輪場の様な)を走り回り
鋼鉄製のボールをゴールに入れるゲームです。
勿論、近未来の架空のスポーツです。

元になったのは「ローラーゲーム」。
昭和40年代にTVで人気を博したスポーツです。
「カンサスシティの爆弾娘」なんて映画が有ったんですが
DVDでは発売されてないみたいですね。残念!
ジョディフォスターも出てました。
見返せないからレビューが書けなくて無念!!

前置きが長くなりました。
1975年に製作された本作「ローラーボール」
舞台は高度に発達した近未来。
戦争が無く世界は一見平和そうです。
人々は刺激を求めてローラーボールに熱狂します。
ところが、その裏では…

アクションのみならず、管理社会に対する危惧、警鐘、等々社会派な面も見所です。
重厚なサントラで画面に引き込まれます。
今観ると特撮はそれなりですが、ドラマ部分はしっかりしています。

主演はジェームズ・カーン。
監督はノーマン・ジュイソン。
最近見かけませんがお元気でしょうか?

因みに2002年に公開されリメイク版はユーザーレビューALL1のトンでも映画です。
間違えて鑑賞されません様に。

やっぱり75年版ローラーボールは素晴らしい。 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 恐怖
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ