ここから本文です

ローラーボール (1975)

ROLLERBALL

監督
ノーマン・ジュイソン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 149

3.26 / 評価:47件

2001.ジャン・レノ出演でリメイク

戦争も犯罪もなくなった西暦2018年の世界を舞台に、人々が闘争本能の捌け口として殺人ゲームに熱狂する姿を描いた、近未来SFアクションムービー。ローラーボールを通して管理された社会の恐ろしさを描く。近未来SFでありながら、現代に対する鋭い社会風刺がきいた作品、CGのない時代の映画ってやはり独特の手触りがある。

特に21世紀になる十数年前位から、「眼で見て驚かす技術」が大変進歩してきて、「観ている間は面白いけど、観終わった後何にも残らない」といったタイプの映画が量産されている。言わば「垂れ流し型」の娯楽である。こんな映画はいくら量産されようが私は観たくない。私が観たいのは、「何回観てもその度に感動出来る」作品なのだ。ヴィデオが出現するまでは、映画は劇場かテレビでしか観られなかったが、テープからLD、そしてDVDと媒体も進化してきた。洋画のDVDなど、安いタイトルは新品でも500円なんて廉価な物もある。これは大いに歓迎すべき事態である。が、媒体が進化するのは大変結構な事だが、注目度の低いタイトルはソフト化されない、という事態が起きてくる。「垂れ流し映画」が量産されるようになり、また、そんな作品しか日本で公開されなくなってきているので
、仕方なく昔の(私にとっての)名作を繰り返し観るようになってしまったのだ。それでも稀に、「大当たり」の作品に遭遇することもある。そんな作品に出会うとソフトを購入する。そして何度も繰り返し鑑賞する。たかが映画の話なのだ。何が面白いか、何がつまらないか、なんてことは世間の評判や映画評論家の戯言などに惑わされず、自分で決めよ、と言いたい。そう、たかが映画なのだ。たかが映画の事でこんなに熱くなれるのも、映画の醍醐味の一つではなかろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ