ロケッティア

THE ROCKETEER

108
ロケッティア
3.3

/ 133

15%
25%
42%
9%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(25件)

勇敢13.8%楽しい13.8%コミカル12.8%かっこいい10.6%ロマンチック9.6%

  • 一人旅

    4.0

    あの飛行船はどこから来たのだろう…

    ジョー・ジョンストン監督作。 米国人イラストレーターのディヴ・スティーヴンスによる同名グラフィックノベルを『遠い空の向こうに』(99)のジョー・ジョンストン監督が映画化したヒーローアクション映画です。 1930年代末、二次大戦前夜のアメリカを舞台に、ひょんなことから背中に装着する小型ロケットを入手したレースパイロットの青年が兵器開発を巡るナチスの陰謀に巻き込まれてゆく様子を、駆け出しの女優であるヒロインとのロマンスや黒幕であるハリウッド俳優一味との対決サスペンスを軸に活写したアクション映画となっています。 単純明快な勧善懲悪のアメコミ物で、スーパーマンやアイアンマンのように自由自在に空を駆ける飛行シーンやナチスの巨大飛行船におけるクライマックスの対決シーンなどヒーロー映画らしいダイナミックで迫力満点のアクション映像が最大の見せ場となっていますが、生身の人間が手作りヘルメット&小型ロケットを装着しているだけなのでビジュアルは不恰好ですし、移動能力に長けていても戦闘能力は殆ど向上していない点も異色のヒーロー像となっています。 主人公、FBI、ギャング、ナチス…と4勢力が入り乱れてのロケット争奪戦が30年代末の米国&ハリウッド界隈の空気感覚の中に活写された“古き良き時代”の薫り漂う痛快エンタメムービーで、飛行機愛好家として知られる実在の実業家:ハワード・ヒューズも劇中登場します(ヒューズの生涯については『アビエイター』(04)をご覧ください)。 主演のビル・キャンベルが悪党に立ち向かう主人公を手堅く演じていますが、それ以上に紅一点のヒロインを演じた当時21歳のジェニファー・コネリーの妖艶な存在感がひときわ輝きを放っています。

  • uso********

    3.0

    アメコミ原作変わり種ヒーロー

    もともとこんなコミックがあること自体知りませんでしたが、ものすごく単純なジェットパックを背中にしょっただけの青年が、正義心がつよく、悪と戦うという、日本でいうと、「ジャイアントロボ」なんかの初期設定に近いんじゃないでしょうか。 主人公はただの青年で、ジェットで空を飛ぶ以外にこれと言った能力はありません。それでも、飛行シーンは爽快で、当時のフィルムとしては迫力があります。 ティモシー・ダルトンの悪役もうまくはまっていたので、意外に面白かったです。

  • rec********

    4.0

    驚きと面白さと・・

    この映画の出現がただ事でないと感じていた自分は酔狂すぎたのか? アラン・アーキンに驚きました。 ティモシー・ダルトンに驚きました。 一番驚いたのはハワード・ヒューズ役のテリー・オクィンです。「LOST」のジョン・ロックです。 この作品が面白かったので色々調べたりしましたがティモシー・ダルトンの役柄はエロール・フリンがモデルだそうです。 エロール・フリンは実際にナチに傾倒したプロパガンダ俳優だったそうです。

  • カーティス

    3.0

    レトロなヒーロー

    レトロな雰囲気漂う異色のヒーロー映画。1938年という時代設定に、「偶然手に入れた超兵器で大活躍」という昔ながらのストーリー、ロケッティアの古臭いデザイン、古典映画オマージュネタ、歴史ネタ…と何から何までレトロです。この雰囲気を楽しめるかどうかでけっこう評価が分かれるような気がします。 個人的には、雰囲気自体はかなり好きですし、ロケッティアが空を飛ぶシーンの爽快感とか、悪役を楽しそうに演じるティモシー・ダルトンとか、いいなと思った部分はたくさんあるのですが、テンポが悪いせいかいまいち乗れませんでした。演出次第でもっと面白くなりそうな題材だったと思います。

  • まー

    4.0

    古き良き映画

    夢のある設定、分かりやすい展開、ハッピーエンド… と、娯楽として気軽に楽しめる要素をつめこんだ、 まさにエンターテイメント映画の見本のような作品。 無駄に懲りすぎたり、夢も希望もない鬱設定や、 理解不能な自慰映画が多い最近の業界は、 ここら辺を手本にして考えを改めた方が良いと思います。 CGがまだない時代で、特撮がチープな合成映像だから、 やや頼りないけれど、本物の火薬を使っているため、 爆発シーンに迫力があるのも良いと思います。 主人公もヒロインも美形だし、登場人物にも個性があり、 悪人は悪人、良い人は良い人、とハッキリしていて、 感情移入もしやすく、ストレスフリーで鑑賞できました!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ロケッティア

原題
THE ROCKETEER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル