レビュー一覧に戻る
ロジャー・ラビット

ロジャー・ラビット

WHO FRAMED ROGER RABBIT

104

sou********

4.0

カートゥーン・ノワール

暇潰しにもってこいの映画。 白雪姫やシンデレラなどのおとぎ話映画制作会社としての「ディズニー」作品として見ると、皮肉とブラックジョークに満ちた今作に面食らうこと間違いなし。 典型的なディズニー作品と違うとは言っても、昔のカートゥーンコメディおなじみのスラップスティックな全く笑えない演出や物語の深みのなさは健在。 主人公の弟が殺されたという伏線を回収して上手くまとめた感のあるラストだったが、そもそもなぜあの判事がそんなことをしなければいけなかったのか、動機が曖昧で漫画的悪役の水準を越えられない…自身がカートゥーンである判事そしてそのお供のイタチ連中にとっても「ディップ」の存在は脅威であるはずなのに、そんな危機感は一切感じていないかのおバカっぷりで現在の観点からすると大いに不自然。 エディがああいった形で敵をやっつけようとするドラマチックさは良かった。 ラストの遺言状のくだりは、正直急展開すぎて、そのハッピーエンドにはついていけない… 他人の路上プロポーズにたまたま出くわして無表情で拍手するような感じ… まぁまぁ面白い映画

閲覧数1,015