レビュー一覧に戻る
ロジャー・ラビット

ロジャー・ラビット

WHO FRAMED ROGER RABBIT

104

shi********

5.0

ネタバレさらば、アメリカンアニメ黄金期

実写とフルアニメーションの融合作。 舞台がまだチンチン電車の走っているような時代のアメリカであり、出てくるアニメのキャラクターもアメリカンアニメの黄金時代を支えたキャラクターばかり。 話の筋としてはアニメ達が住む街を潰し、チンチン電車も廃線し、高速道路を通そうという悪巧みを阻止する、という内容に結果的になり懐古主義的なメッセージ性があったり。 この映画に関して、そのメッセージ性はあんまり重要じゃなくて、アメリカンアニメならではの毒々しいブラックジョーク?やら、キャラクター造形やらが彩を放っている。 子ども向けか大人向けかというレビューが目立ちますが、百パーセント大人向けかと。 特にアニメーションのイタチの警官たちがセリフや造形ともども毒々しい。 アニメの作画に関しても、デフォルメを極端にかけたキャラクター達なのに、ちっとも実写のパースから浮いていない、極自然な動きをしているのが素晴らしい。 クールジャパン、アニメは日本の特化文化だと思っているのは、とんだ奢りだと思いました。

閲覧数2,085