レビュー一覧に戻る
ロジャー・ラビット

ロジャー・ラビット

WHO FRAMED ROGER RABBIT

104

net********

4.0

不思議な世界の融合

思ってたよりストーリーが渋い。 ジェシカを奪われた?ロジャーラビットが泣きながら「彼女はコーヒーのミルク」であると。 主人公はこの映画そのものを表すかのように、「これからはブラックで飲むしかないな」と一言。 ハードボイルドな世界を舞台にしつつ、ロジャーラビットがアニメらしいコミカルなリアクションで絡んでくるため序盤は違和感がかなりある。 アニメと実写のテンポが噛み合い、やっと目が慣れてくるのは中盤から。 何の迷いもなく車が車を運転するシーンはニヤけてしまった。 その後トゥーンタウンに乗り込んで以降は違和感もなく、普通に楽しめた。 気に入ったのは、最後にレンガの壁を壊してトゥーンが乱入してくるところ。 ディズニー最初期の名作「花と木」をバックグラウンドに据えて、数々のアニメキャラが勢揃いするエンディングシーンだが、監督のトゥーンに対する思いが見て取れるようなゴージャスな幕切れとなっている。

閲覧数755