レビュー一覧に戻る
ロジャー・ラビット

ロジャー・ラビット

WHO FRAMED ROGER RABBIT

104

エル・オレンス

5.0

30年前?!驚異の映像技術&演出センス!

1988年には本作、そして2年後には、あの『ターミネーター2』が公開されている衝撃! 30年後の今観ても斬新な映像技術&センス&演出のオンパレードで、未見なら一度は是非とも観て欲しい珠玉の一本。 ただ、他のレビュアーも書いてる通り、内容がかなり大人寄りなので、小さい子ども含むファミリーには向かない(笑) あと、主人公エディは、キャスト第1候補だったビル・マーレイで見たかったなあ。 それと悪玉の判事は、前半の時点でクリストファー・ロイドと全く気づかなかったのでびっくり。でもとてもハマり役だし、キャラクター自体も、ラストでどんでん返しの正体明かしがあったりと、誰よりも一番強烈な存在で面白かったです。 ================================= ★1988年アカデミー賞 3部門受賞 編集賞、視覚効果賞、音響編集賞 ★1988年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 作品賞ノミネート

閲覧数568