ここから本文です

海辺のポーリーヌ (1983)

PAULINE A LA PLAGE/PAULINE AT THE BEACH

監督
エリック・ロメール
  • みたいムービー 30
  • みたログ 178

4.00 / 評価:59件

ホームドラマの定相(「友情」地獄)。

  • mov***** さん
  • 2016年5月28日 21時44分
  • 閲覧数 1313
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

エリック・ロメール監督作




デジタルリマスター版




鑑賞




深田晃司監督作

ほとりの朔子の原盤

というか

深田監督が丸パクリだったというのがこの映画を観てわかったww

鑑賞前は

「影響を受けた」

程度だと思っていた・・




本編の話に戻るが

前回語ったロメール作品よりは

主人公女優の色気が強いためか

ホームドラマの定相

を取りながら

その




公共/背徳




の表裏が際立ち




陽光の初夏/背徳
ロリータ/背徳
緑化の芝/背徳




な添えモノが揃い

ほとりの朔子同様、独特な世界観を映画内で繰り広げていた

そういった意味では

前回私が観たロメール作品よりかは 私自身好評価である

やはり主演女優という者の印象で映画全体のすべてが変わってしまう好例だろう






その前回と今回の作品を観て

興味深いロメール作品に共通する例がある




どちらの主人公も【いい人】アンテナにビビット来た男には「友達じゃあない」とセックスさせず野性的な男にはすぐ股を開く




ということ

これって別にロメール作品内の映画だけに限ったことではなく

現実世界でも女がよく取る戦術であり仕分け




女のセンサーが無意識的に働き残酷なまでに男を仕分けて逝く




その「友達」地獄にハマッタ男たちは

永久に底から出ることは出来ないww




満月の夜の肌さえ触る事も許されず

ただ「友情」地獄に飼い殺しにされる別宅パリのキープ男

元カレで公序良俗を大事にし誠実ではあるんだけど

【面白くない】

と判断され

セックスさせずに「友達じゃあな〜い」と仕分けされるこの映画での【いい人】サーファー・・




腹中の計算高い女の傲慢さ・・




映画最期

是枝作品もそうだったけど

ズドーン



オトサズ

日常の中で淡々と平均してオトシテイク

その語りは

好きだけどな




ただ俺自身エリック・ロメール作品には

友達でいようとは

思わせなかったな

圏外、だな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ